2024年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 母 | トップページ | 風のガーデン »

2008年9月30日 (火)

泡立ちの良くないボディソープ

乾癬は皮膚の新陳代謝の異常で起こる病気。



私の場合、通常の約4倍のスピードで、皮膚が生まれ変わる。

そのため皮膚を常に清潔に保つ事が重要なのだが、

毎日身体をこすると、人より薄い皮膚が剥けて、

直ぐ出血する。



その為、湯船に浸かって、皮膚がふやけて来ると

それはとてつもなくヤバイ。


全身、血まみれになりかねない。



擦らなければ、出血しないが、それでも剥がれ落ちる皮膚は

多少あるので、とても厄介だ。



これまでは通常のボディソープを使って来たが、

やはり、皮膚表面の潤いが根こそぎ無くなるので、

そのあとに、乾癬用の薬を塗るのはしんどい。


しかし背中を洗う時は、ナイロンタオルでつい強く擦ってしまう。


結果、あとから後悔するわけだ。



そんな折り、先日薬局で、赤ちゃん用のボディソープを見つけた。

これまでも、顔や髪は赤ちゃん用を使って来ているので、

今回も低刺激・弱酸性と言う事で、買ってみた。



販売価格 488円 (税込 512 円) 送料別




使ってみると、このベビーソープは、殆ど泡が立たない。

最初は少し泡立つものの、直ぐに消えてしまう。


これにはさすがに、ボディソープの概念が崩れた。



しかし、いざ使い終わって、洗い流してみると、

肌がつるつるする。


えっ…


これが天然スクワランの効果なのか!


と、これにはさすがに驚いた。


実はこのベビーソープを買った理由に、

後ろに記載されている、成分表示の少なさがあった。


他の製品は、やたらと化学薬品や合成色素が多く、閉口していた。

しかしこれは、堂々と「水」と書かれていた。

その他にわずか8種類のみ。


その中に天然スクワランがあった。


これなら赤ちゃんの肌に優しいなぁ…と実感した。



無香料・無着色・低刺激・弱酸性アミノ酸系



しかしやっぱりもう少し泡が欲しいなぁ…と思っていたら、

泡タイプもあるのでした。

でも、泡を立てるという事が、洗浄力を増し、皮膚に負担を掛けているとしたら、

さすがにちょっと考える。


価格 637円 (税込668円) 送料別




そう言えば、昔の洗濯機は、ぐるぐる強引に廻り、

洗剤も泡が立ってました。


しかし今では、衣類を痛めないように、

ゆったりとした水流になったし、

洗剤もそれほど泡立たないので、


デリケートな肌には、その方がいいのかもしれません。





« 母 | トップページ | 風のガーデン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事