Tahooブログパーツ

  • ✱神社★参詣なブログパーツ
  • 東京美女Linuxコマンド版ブログパーツ
  • お天気娘の天気予報
  • 年号変換カレンダー
  • J-CASTニュース
  • 読売・産経ニュース
  • VOCE
  • 岩手のランキング
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の記事

2008年12月28日 (日)

白鳥飛来

ノア流星群の神々-suwan2



あの湖に、今年も白鳥がやって来た白鳥


湖は豊富な水量に覆われ、のんびりと羽根を休めてる。

まだ黒っぽい羽根の幼鳥の姿も見える。


ノア流星群の神々-suwan3

列を作って泳ぐのは、鴨…かも。

な~んつって(;^_^Aeye


今日は強風だったものの、気温はプラスになって、

普通の12月下旬だったそうな…


積雪も少なく・・・と言うか、風で吹っ飛んで、道路にも雪は無いほど。

奥羽山脈に雪雲がぶつかり、ここにはあまり雪は降らない。

この時期特有の天気。


ただ風が強いので、

雲のすき間から、太陽の光が射す。

雲の流れは、台風以上に早い。


ノア流星群の神々-suwan1


寒いけど、穏やかな年末かな。


田んぼの雪も吹き飛ばされ、稲の切り株が出ていたし、

土も掘り返しやすそうだったから、

きっとたくさんの稲穂を拾えるだろう。


カラスは、さっそく田んぼの土を、突っついていた。

頭がいい。


元気に越冬して欲しいなぁ。


2008年12月26日 (金)

冷蔵庫の方が暖かい日

昨夜から降り続いた雪は、今日一日中吹雪となって、降り積もった。

しかも日中も気温が上がらない、真冬日。
毎年の事ながら、室内の温度も5度までしか上がらなかった。
でも慣れてくると、それほど寒さは感じないから、不思議ダネ…☆

明日も真冬日らしいので、豆炭コタツでぬくぬくしながら、今日スーパーで買って来たミカンを食べて、亀になってます♭

2008年12月22日 (月)

ガソリン価格、遂に…

ガソリン価格の全国平均の速報値が出た。


当県は全国18位で、県平均105.0円。


しかし実際には、盛岡市周辺部でも今日の午後の速報値で、

軒並み、98円/㍑。


ド田舎の当地でも、98円になった。

灯油の価格も、来年早々には一缶当たり1000円を切ると言われている。


最安値だったのが、800円/一缶/18㍑だから、

その水準まで下がるかもしれない。



2008年12月20日 (土)

由佳どんからのメリークリスマス

今日、とっても嬉しい葉書が届いた。



由佳どんからのメリークリスマスのイラストカードだ。

毎年、この時期になると、届けられる葉書……

それは唯一の芸能人との、長く続く交流でもある。


由佳どん、と呼んでいる芸能人の名前は、安東弘樹TBSアナウンサーのお嫁さん、

川幡由佳さんの事。

以前、TBSの『世界ふしぎ発見』のリポーターをしていた。

プロゴルファーの丸山茂樹さんと一緒に、アリナミンVのCMにも出演していました。


ノア流星群の神々-由佳どん3
2000年11月。初めて知った当時のテレビ記事写真。


色々な経緯で、知り合いになり、結婚後も、年賀状の交流が続いている。


とっても可愛くて、美人で、気さくで、楽しい性格のとっても素敵な女性であるheart04



今年も、こんな素敵な、手書きイラストのクリスマスカードが届いた。


ノア流星群の神々-由佳どん1

ノア流星群の神々-由佳どん2

由佳どんの息子さんも元気もりもり、すくすくと成長中。

とっても嬉しいです。

由佳どんのおばあちゃんも、すごい出たがりで、結婚前の

ブログに度々登場したり、たるいマネージャーさんも、

面白い人で、これまた度々ご登場したり……

更に弟さんや、実家まで登場したりと、とっても素敵な人柄の女性です。


由佳どんの得意なイラストで綴った、育児奮闘記が、アニメとして

ご覧になれます。

とっても楽しく、そして為になる子育て日記です。

是非、読んで見て下さい。


由佳どんのマンガ妊娠日記


由佳どんの楽しいブログは、下記でご覧になれます。


川幡由佳だより



今は残念ながら、こんなに丁寧で優しいタレントはいません。

ブログにコメントしても、ペタさえ押してくれない…いわゆる無反応なタレントばかり。


ましてや、ファンの一人一人に手書きの年賀状を送り届けてくれるタレントは

一人もいない。虚しいねぇ…

自分さえよければ──と言うご都合主義のタレントばかりの世の中になってしまいました。



由佳どんからの葉書は、私の住所や名前も、全て手書き。

きっと一枚一枚、丁寧に書いているのだと、

私も出す年賀状は、全て手書きにしている。


パソコンで印刷された住所や名前、メッセージに有り難みの微塵も感じられない。



だから、よけいに由佳どんからの葉書は、とても心に染み入る。



心より感謝します。ありがとう。☆


2008年12月19日 (金)

どうして派遣社員ばかりを政府は庇うのか?

景気の低下と為替下落によって、企業の派遣社員切りが始まり、

連日このニュース流れる。

何故、今回のような製造業大手の派遣社員の解雇やリストラだけが、

支援の対象としてクローズアップされるのか、甚だ定かでは無い。



良く知らないが、本来、派遣社員とは、そう言うものではないのか?


それなのにどうして、政府で住宅を貸した企業に補助金が出るの?


行く所が無いと言うが、それじゃぁ何日間かの猶予を与えられれば、次の住居を見つけられるのか?


派遣社員を雇い続けた事で、企業が操業停止になり、給料未払いが、正社員にも及び、結果的に倒産でもしたら、その付けは大きすぎるぞ。


そこで当然、派遣社員を解雇・リストラするのは、当たり前の事ではないのか?


景気の良い時は、責任も取る必要が無いから、派遣は気楽・・・

とか言っていた人が、解雇された途端、愚痴や不満をぶちまけるのは、おかしくないか?




実は私にも痛い過去がある。


大学卒業後、県立畜産試験場に臨時職員として入社した。

雇用保険もあり、無料の社宅に住んでいた。


毎年、正社員…つまり正職員への登用試験があって、通常は勤務年数順に

正規社員へ採用されていた。


しかし、私の場合、何度試験を受けても、落ちた。

あとから臨時職員として採用された人が、私を追い抜いて、正職員になってゆく。

それは丁度、村山内閣の時だった───────


職場の部長からは、次は間違いなく君だから・・・

なんてな口車に乗せられ、真面目に勤めたさ。

そしたら、突然、クビだと言われた。


理由を聞くと、高学歴の人は給料も高いし、労働運動に参加されると、

知恵を持っているので困る、と言う県の方針、

と言うか、村山内閣の方針だった。





当然ながら、社宅は即刻明け渡しを命じられた。



しかし、今の派遣社員が直面している解雇後の不満と、不安。

住む場所も無い……とか言う、戯言(たわごと)。


本来なら私もそういう、寝る場所もなく、援助も無いはずだった。

当然ながら北国では野宿もあり得ない。

ネットカフェなど無いし。


ましてや、横暴だ、などと文句を言う暇があったら、次のバイトでも探せと、

言いたくなる。



でも私には、帰る場所があった。

農家である実家だ。




今回の金融破綻を機に蔓延した不景気の雨・霰・嵐。

自動車が売れない。

家電製品が売れない。


何んで、大企業の雇用悪化や、製造業の収益減少の時だけ、慌てて法案を作るのに、

農家がこれまで、一体どれほど、政府にいじめられて来たと思っているんだ。


日本人が米を食べなくなり、余剰米が出るので、

減反政策が始まった。

しかも、それは年々増大し、離農する農家が続出し、農家人口が激減した。


酪農も同じだ。

乳製品は輸入物が安いと、政府は酪農家に搾った牛乳を廃棄させた。


輸入小麦の値段が、ガソリン価格のように跳ね上がっても、

殆ど対策を取らないまま、国内の小麦農家は、麦作りを止めた。


今、農家の担い手は、全て都会に出て行き、

年老いた家族だけで、細々と暮らしている。




しかし、農家は強い。



家があるし、食べる物は自分で作ればいい。



これまでの政府の愚策に翻弄され、何度も地方からの声を上げた。

しかしこれまで、全く農家の声は届かなかった。

マスコミの報道も少ない。

今回のように、連日のニュースなどには程遠かった。




それでも農家は耐えて来たんだ。




年収は確かに全国最低だし、人口も減った。


しかし本当に不景気なのか?

スーパーで買い物すると、値段が安くなっている物もある。

輸入品である。


北国に欠かせない灯油も安くなった。

交通手段として、どうしても必要な車のガソリンも下がった。

ガソリンが高くて車を手放した、なんて言う話もチラッと聞いたが、

それは結局、車が無くても、それに変わる交通手段があると言う事だろう!


しかし雪国では、冬は自転車もバイクも無理。

やはり車が必要になる。




高騰する輸入飼料や重油に、多くの農家は謝金を抱え、それでもコツコツ続けて来た。


政府からの支援が無くても、何んとかやって来た。


-----------------------------------------------------

-----------------------------------------------------


では、何が日本を変えたのだろう?

こんな世界同時不景気になっても、強固な対策を作れない政府……

その場しのぎの政策ばかりで、全てを後回しにして来たツケ…

その原点となる所は、いつの、どんな政策や法律だったのか?

必ず、分岐点がある。


それが男女雇用機会均等法である。

これについては、後に記すとして、


バブル崩壊後、あからさまに激変した事がある。



それは、テレビCMで起こった。


長年、テレビCMを収集し続けていて、その劇的変化に気づいた。



大企業のCMが減少した事と、パチンコ屋のCMが激増した事。

特に、パチンコ屋のCMは、まるで現在のテレビショッピングCMばりの勢いになった。

不景気とは、そういうものではないのか?



それを考えると、まだあの時ほどの不景気では無いと思う。

確かに県内でも、派遣労働者の解雇が続いているが、

それらは輸出企業の下請けが主である。



だから、関東以西の派遣社員の解雇ニュースが、どうも目立って仕方が無い。

何故、派遣社員の解雇ニュースは、毎日関東以西ばかりなんだ?

大企業の工場がたくさんあるから……か?



でもそれはおかしいくないか?



昔、輸入石炭の方が安いからと言って、利益重視の企業が、

次々に国内の炭坑を閉鎖した。

鉄の街として栄えた、釜石市も、炭坑が閉鎖され、新日鉄という大企業が、街を去った。


その結果、釜石市の人口は半減。

元のような賑わいは無いが、何十年も掛かって、市を再建した。



関東以西にある大企業の工場の地元でも、

釜石市や夕張市のような事態に陥るかもしれない。

年収600万円を死守……とかの記事が新聞に出たらしいが、

これまたぶったまげぇー!

めっちゃ、超金持ちじゃんけっ!

一体どこにそんな金使うのかねぇ、分からない。


--------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------


ついでだから言っちゃうけど、

大体そもそも、エコだ、省エネだと騒いでいながら、

なんで46型とか52型とか、あんなでかいテレビが必要なのかぁ?


臨場感たっぷり・・・とか言っちゃってるけど、

隣近所がうるさく迷惑だし、シンプルなステレオで十分じゃないの?

あんなでかいテレビを買えると言う事は、家もでかくて、裕福じゃん。

そういう物に消費税をどど~んと上げたら、どお?



それに地方税がどこも逼迫しているんだから、

軽自動車税を上げたら、どお?

だいたい何んで、軽自動車はあんなに性能がいいの?

現在の税率は、550ccの時代のまんまだし。

今じゃ、高速道路も平気で100kmで走っているし、ねえーー!

1000円程度上げてもいいと思うよ。


そいで、1000cc~1999ccまでは税金を半分にして、2000cc以上を現在の倍の自動車税にするとか。

3000cc以上は3倍でもいいね。そうすれば、国会議員の皆さんは、大きな車が好きなので、

たくさん税金を納める事になるしね。

トラック・バスも半額かな。物流は生活の基礎だから、ちゃんと支援しなくちゃ。

宅配に依存してる日本人には、必要でしょう。



まあ……

結局、政府は電気業界と自動車業界を支える為、

そういう所には全然手を着けず、

高齢者のような、弱者ばっかりに税を押しつけて来た。


庶民はこれから、壊れたら新しい物を買う時代から、

中古品を買ったり、修理したりして使う時代が来るよ。



それに一番変なのは、公衆電話が消えた事。


外国人観光客が皆携帯持参とは限らないし、

留学生には、特に携帯電話は高い。

しかし公衆電話が無いから、母国へ電話もままならない。


勿論、携帯電話を持っていない人もいる。


それならいっその事、携帯電話各社に、公衆電話の設置を義務付ける。

と言うのはどうだろう?

その分は当然、携帯電話1台に付き、一定額を徴収する。

例えば、100円/月。

携帯電話の数が3000万台だと言うから、単純に3億円になる。


これは便利差の代償と言う訳だ。




更に、こんな案もあるゾ。


男女雇用機会均等法の改正、又は廃止。

この法律は、1997年に改正され、1999年4月1日から施行されました。

男女の雇用の差別を無くす事が定められています。


しかしこれは、企業にとっては大きな負担になりました。

結婚し、妊娠すると、女性は産休に入ります。

この間も企業は、賃金を払い続けるのですが、明らかに人手は減ります。


仕方なく、バイトを雇うと、新たな賃金が発生する…と言う連鎖が続き、

業務に支障さえ出てしまう。

そこで、女性従業員を正規雇用せず、バイトで済ます傾向になりました。


更に、それに目を付けたのが、派遣という制度です。


これなら、いつでも契約を切る事が出来、即戦力と入れ替えやすい。

企業は当然、派遣社員を増やす事にする訳です。



この結果、女性は結婚したがらなくなり、小子化に拍車が掛かりました。

この法律は、結果的に企業も、そこで働く女性も、雁字搦めにしてしまいました。

解雇されるくらいなら、結婚せず、このまま仕事を続けた方が楽しい…

という考えが、急速に女性の間に広がったのです。


従って、結婚しても収入が維持出来なければ、この状況は、

今後も続くでしょう。

結婚したくても出来ない…子供を産みたくても、お金が心配…。

そんな不安と不満を解消しなければ、この法律は何ら意味がありません。



もし仮に、女性が結婚し、子供を産んだ時点で、子育ての為会社を辞めたら、

一律15万円/月を給付する。

2人目の場合は、合算して25万円/月を支給する。


そうすると、良い循環が始まります。

まずベビー用品の需要が高まります。次に育児用品、子育て支援用品等、

売り上げが伸びそうです。

これに付随して、色々な商品の需要が戻って来る事でしょう。



また3世代家族同居家庭に対しては、収入の全額を所得控除の対象とする。


うわべだけを繕っても、ボロは直ぐ出るものです。

根底から変えなければ、何の変化も起こりません。

人の身体と同んじです、ね。



豊かな暮らしは、いつまでも続かない。

それなのに、いつも目先の政策に踊らされ続ける国民。

そのしわ寄せは、どこかに必ず押し寄せる。

土台、繁栄など、永遠に続きはしない。



解雇された派遣社員や、希望退職で職を失った事実上のリストラ社員。

あなた達が文句を言うのは、企業ではなく、

政府ですよ。


どうぞ、国会の前でビラ配りでもした方が遥かに効果的な気もします。

海外メディアも飛びつきますし。




全国の自治体の皆さん。

釜石や夕張の二の舞にならないで下さい。

ゴーストタウン……

繁栄は続かないのですから……



そもそも、自動車や家電業界が、日本の経済を支えて来た。

とか豪語してますが、私の街では、その恩恵を殆ど受けておりません。

従って、自動車産業や家電業界が不況で倒産しても、何らの影響も無いでしょう。


むしろ農家にとっては、家畜の飼料は値下がりするし、ハウス栽培の花卉用の重油も

値下がりするしで、円高大歓迎です。

他にも円高で、笑いの止まらない企業がたくさんあると思いますよ、たくさん……


2008年12月13日 (土)

第二章 記憶の映像化

人が見た文字や図形を、脳から読みとり、画像化する…



そんな夢のような技術が、開発された。

勿論、世界初の技術だ。



この偉業を達成したのは、(株)国際電気通信基礎技術研究所 (ATR, 京都府)と、奈良先端科学技術大学院大学等の共同グループ。

詳細→ 国際電気通信基礎技術研究所ホームページ


この技術を応用すると、

近い将来、睡眠中の夢や、頭の中で空想した内容などを、

映像に出来る可能性があると言う。


この夢のような技術のために開発されたのが、

脳の血流の変化を読みとる、機械的磁気共鳴画像(fMRI)という装置。



現段階では、アルファベットや図形を見せた人の脳から

読み取った情報を基に、元の文字や図形を再現する事に成功。


他の人が、後から、見た人の脳から画像として取り出し、

見る事が可能になったのだ。




実は、これは凄いことだ。


自分の脳に刻まれた、過去の記憶。それが、画像として・・・

或いは映像として取り出し、見る事が出来るようになる事を意味する。


遙か昔の断片的な…、遠に消えてしまったと思っていた記憶…

それらが、蘇るのだ。




例えば、犯罪者に襲われた被害者。

もし顔を見ていたら、モンタージュ写真より、遥かに鮮明な顔画像を取り出せる、

と言う事になるかもしれない。


過去に見た美しく、懐かしい風景…

脳に深く刻まれた、生まれた瞬間の映像…

幼い頃の、おじいちゃん、おばあちゃんの顔…


又は、憧れの人とのデート…


セピア色の油絵のように、不鮮明だった思い出の数々…


そんな記憶の断片が、映像としてよみがえる。




自分の空想した事が、画像や映像として、脳から取り出せる。


そんな夢のような事が、極く近い将来、可能となる日がやって来る。



2008年12月12日 (金)

前沢牛パイ

あ~あ、今朝は、少し楽なので、パソコンに向かう事にしました。


ノートPCで打つ、ローマ字入力が、すこぶる苦手で、

その上、画面が小さいから、『画像の追加』と『リンク追加』が、

枠からはみ出ているし、すこぶる見えにくい。


今は、ガッチリ腰ベルトを巻いて、とりあえずなんとか……



昨夜、父がある会合に行ったらしい。

そこで、どこぞの人から、わんさか小物土産を貰って来た。


今朝、どっこらしょと台所に行くと、その産物が

並んでいた。



その中で、ひときわ私の視線を惹き付けたのが、

「前沢牛パイ」と言う代物だった。

これだやじるし


ノア流星群の神々-前沢牛パイ

ご当地に住んでいながら、これまで僅か一度しか食べた事のない、

超高級ブランド牛。



当然、近所のスーパーでは置いてません。



ハッキリ言って、あんまり肉が食べられない私が食べても、

うまいrestaurant


その印象が強いので、そりゃもう、直ぐ食べたのでした。

が、しか~し……




普通のパイ??の味。

肉の味も香りも、全くしません。


更に、普通に歯に引っ付くし。



どこにどう、前沢牛が使われているか、私には不明。


うぅ……前沢牛が食べたぁ~~~い肉




2008年12月11日 (木)

判断は正しかったか


この三日間、殆ど身体を起こせなくなった。

間違いなく、去年の再来の兆候だった。


あれほど苦しめられた痛み、再び牙を向き出したのだ。


あまりの事に、水曜日の精神科診察に行けなかった。

当然、今日も行けない。



背中の激痛は、起き上がる事さえ困難で、

とにかく毎日、ベットの中。



追い討ちを掛けるように、背中の乾癬が悪化するし、

最悪だ。




原因は、長時間椅子に座り、パソコンに向かってばかり・・・

元々弱い腰に、負担をかけた事と、

足の乾癬悪化を防ぐ為に買った、ストッキングとスパッツ。


これを24時間、はいたままにしたのがマズかった。

確かに、足はキレイになったが、

逆に、お腹を一日中締め付ける結果になってしまった。



これでは、腹筋が疲れるはずだ。



その為、背中の筋肉が硬直し、お腹は、まるで腹筋のあとのように

力が入らない。

しかも、この状態を何日も続けたから、当然、腹がダウンしてしまい、

起きられなくなった。



毎日湿布をして、筋肉の強張りを取る薬と、血の流れを良くする薬を飲んだ。





こう言う無理な事は、意外と早く身体に出る。

早く対処すれば、去年のような最悪の事態は、何とか防げる。


しかし、毎回状況が違うので、一致させるまでに時間が掛かる。


果たして、今回の判断は良かったのか?


例え、足の乾癬は良くならなくても、良かったのではないか・・・・・

と、思ってしまう。





いずれ、失敗だった事に、間違いはない。




2008年12月 8日 (月)

初コインランドリー

史上初めて、コインランドリーに行って来た。


洗うものは、畳一枚ほどの薄いカーペットと、同じ大きさの座布団。

さすがに二枚同時は無理で、やむなく大と小の洗濯機に分けた。

しかしここで思わぬ出費が…
洗剤は別売り自販機。
二個買う。

続いて、洗濯時間の設定だが、どれくらいがいいのか分からないので、二つとも20分に。

しかしここで初めてが、思わぬ出費になった。
六分で百円。

おお、たげェ!
と、若干の動揺。


それでも仕方なく、お金を追加した。

あとは洗い上がるのを待つだけ…
と思いきや、あれ?奥に、乾燥機が。
近づいて見ると、乾燥は別途。
しかも、時間によってかなりお金が掛かる。


またまた、たげェー!
と、さすがにア然。


しかも設定時間ではほとんど乾かない。
まぁ初なので仕方ないけど、それにしても高い。

大きい座布団は、中の綿が団子になって、使い物にならないし…、これなら新品を買った方が遥かに安価だ。

ちなみにそこらへんで、概ね980円だからね。


間違いなく、無駄な事をしてしまった。
それにしても、どこでもこんなに高いのか?

2008年12月 7日 (日)

女性芸能人出身校別偏差値ランキング2008

◆この表は携帯からではご覧いただけません。

◆その場合は、PCサイトブラウザでご覧下さい。

◆その際には、通信料にご注意下さい。


順位 偏差値 タレント名 出身高校 備考
1 77 八田亜矢子 筑波大附属高→東京大学
2 75 菊川怜 桜蔭高→東京大学工学部 東京都
3 73 小林恵美 青山学院高→青学経営学部 東京都
4 72 中田有紀 都立西高→日芸大放送学部
5 71 高樹千佳子 白百合学園高→横浜国大工学部
6 68 山本梓 専大松戸高 千葉県
6 68 藤澤恵麻 香川県立高松高 香川県
8 66 釈由美子 吉祥女子高→学習院女子短大 東京都
9 65 菅野美穂 淑徳与野高→淑徳大学国際コミュニヶーション学部 埼玉県
10 64 谷村奈南 帝塚山高→青学法学部在学中 奈良県
10 64 小林麻央 國學院高
10 64 小林麻耶 國學院高
13 63 広末涼子 品川女子学院高
14 62 石原さとみ 創価高
15 61 優木まおみ 佐賀県立致遠館高→東京学芸大
16 60 山本モナ 福山暁の星女子高→学習院大
17 59 古瀬絵理 山形県立新庄北高→玉川学園短大
18 58 ミムラ 伊奈学園総合高 埼玉県
19 57 綾瀬はるか 広島県立祇園北高(中退)→都内某高
20 56 宮路真緒 兵庫県立洲本高
20 56 相武紗季 雲雀ヶ丘学園高(英語クラス)→日出高
20 56 矢口真里 神奈川県立瀬谷高 (中退)
20 56 小倉優子 千葉県立東金高
24 55 森理世 常葉学園高
25 54 藤崎奈々子 埼玉県立与野高→目白学園女子短大
25 54 堀田ゆい夏 目黒星美学園高→学習院大
27 53 眞鍋かをり 愛媛県立西条高→横浜国大
27 53 小泉麻耶 桐朋女子高 (中退) 高校自体偏差値66
29 52 木村カエラ 都立向丘高
29 52 杉崎美香 大分県立大分鶴→山口大
29 52 土岐田麗子 千葉経済大附属
32 51 山崎真実 相愛高 大阪府/私立
32 51 米倉涼子 神奈川県立旭高→山手英院(専学)
34 49 蛯原友里 宮崎県立佐土原高→九州産業大
34 49 熊田曜子 関市立関商工高 岐阜県
34 49 東原亜希 北鎌倉女子学園 横須賀出
37 48 国仲涼子 沖縄県立那覇商業高
37 48 小野真弓 日本橋女学館高→十文字短大
39 47 小西真奈美 鹿児島県立川内商工高
39 47 加藤ローサ 鹿児島県立鹿児島
39 47 ベッキー 駒場学園高→亜細亜大
39 47 市川由衣 都立鷲宮高→通信制高校に転校
39 47 里田まい 札幌大谷高(スポーツ推薦)
39 47 小池栄子 和洋九段女子高
45 46 白石美帆 茨城県立佐竹高→つくば国際短大
45 46 栗山千明 日本音楽高 東京都
47 45 浅尾美和 三重県立津商業高
47 45 多部未華子 日出高(新垣結衣と同級生)
47 45 新垣結衣 日出高
47 45 松浦亜弥 日出高(通信制らしい)
47 45 上野樹里 日出高(沢尻エリカと同級生)
47 45 沢尻エリカ 日出高
47 45 香椎由宇 日出高(沢尻エリカと同級生)
47 45 後藤真希 日出高(中退)
47 45 井上和香 日出高(一般入学)
47 45 仲間由紀恵 日出高
57 44 優香 藤村女子高→(転校)日出高
57 44 西山茉希 新潟県立長岡大手高
57 44 磯山さやか 茨城県立鉾田二高
60 43 麻生久美子 千葉県立佐倉南高
60 43 柴咲コウ 都立板橋高(2年で中退)
60 43 田畑智子 金光大阪高
63 42 ほしのあき 都立玉川高 2007年度廃校
63 42 浜田翔子 京都府立久美浜高
65 42 小林涼子 堀越高→成城大
65 42 黒川智花 堀越高→亜細亜大
65 42 多岐川華子 堀越高
65 42 高部あい 堀越高
65 42 黒川芽以 堀越高
65 42 長澤まさみ 堀越高
65 42 鈴木杏 堀越高→和光大
65 42 サエコ 堀越高(日向学院高から転校) 宮崎県-51
65 42 あびる優 堀越高
65 42 上戸彩 堀越高 (多忙で中退)
65 42 長谷部優 堀越高
65 42 蒼井優 堀越高(筑紫女学園中出身) 福岡県ー60
65 42 平山あや 堀越高
65 42 水川あさみ 堀越高
65 42 深田恭子 堀越高
65 42 佐藤江梨子 堀越高
65 42 押切もえ 千葉県立市川西高
82 41 内山理名 小田原城東高→都内某高へ転校
82 41 若槻千夏 埼玉県立滑川高
82 41 酒井若菜 栃木県立小山南高
85 40 MEGUMI 倉敷翠松高 岡山県/私立
86 39 松本莉緒 立川女子高 東京都
86 39 安倍麻美 大東学園高(北海道より途中転入) 東京都
88 38 滝沢沙織 武蔵工業大付属第二高
88 38 谷桃子 茨城県立潮来高
90 37 田中麗奈 西日本短大附属高
90 37 スザンヌ 第一薬科大付属高(中退)
90 37 竹内結子 埼玉県立新座北高
93 36 甲斐まり恵 玉名女子高 熊本県/私立
94 35 比嘉愛未 沖縄県立中部農業高
95 34 伊東美咲 千代田高←福島県立遠野高(36)から転校
千代田高から某府内高へ更に転校
(偏差値は34より更に低い)
大阪府

追記 : Perfumeの3人は、堀越高出身。

記載データは『ザ・ベスト ZENKAIエンタメ!2008/10』より転載。
但し順位を逆表示。2名未転載。
これらのデータは、全て卒業アルバムや同級生の証言や、信頼出来る関係者からの情報に基づいているそうです。


2008年12月 6日 (土)

Happy birthday観月ありさ(1日遅れ)

光陰矢のごとし、早いもので

昨日は、観月ありさちゃんの32才の誕生日でした。
♪☆おめでとう☆♪



あの、卓越した小顔と長い足。
まるで丹頂鶴か!……とまではいかなくても、
益々演技にも磨きがかかり、目力が増しておりまりますが、
今回は、おなじみ『富士フィルム』の数あるCMの中から
間もなくやって来る、X'masと正月にちなんだ作品、4篇を用意しました。

YouTubeに上げると画質が落ちるので、
毎回ダイレクト再生でお届けしています。

今回の4篇は、どれも15秒のショートですが、
ちょっとひと笑い・・・いやいや、クスっとしてもらえればと思います。

尚、懐かCMは、約3ヶ月でファイルを終了し、
その後、YouTubeに移動しますので、ご了承下さい。


本CMは、携帯からではご覧になれません。
要:Windows Media Player

2008年12月 4日 (木)

ガスとカラス

ジャン!

夕べ、急遽、加湿器を引っぱり出した。


ノア流星群の神々-加湿器


超音波式の加湿器で、カスの掃除がめちゃめちゃ楽なやつです。

それまでは別のタイプを使ってましたが、白いカスが頻繁にたまって、

掃除が面倒なので、去年買い換えたのでした。

のど飴で有名な、ヴィックスと言う会社のものでおます。



それで部屋は、ちょっぴり湿って、しかも吹き出す霧が青色に照らされ、

綺麗、きらきら



そんで今朝起きると、おおっ!


ノア流星群の神々-霧


一面、ガスっておりました。

霧、霧です。

ちょっと先も、全然見えません。

そして今も、まだ霧~~状態でやんす。



更に、面白いものを、ちょっと紹介。



ノア流星群の神々-カラス大


カラスカーカーです。

少し画面が粗いですが、間違いなくカラス九浪人

この写真は、ちょっと前に撮ったものですが、

何故かこのカラス、となりの屋根のソーラーなんかとの所に毎朝のようにやって来て、

一生懸命、パネルに映る自分と格闘しております。

時々、足蹴りも入れてます。


ステンレスなので、良く見えるのでしょう。

おかげでこのパネルは、ボコボコにへこみだらけになってしまいました(^o^)


今朝も、決まって午前8時45分頃、ここへやって来て、

一通り、突っついて、どこかへ去って行きました。


かな~り、のどかです。


2008年12月 1日 (月)

乾癬受診日

腕の乾癬が酷くる一方だったし、塗り薬も無くなって来たので、

約一ヶ月ぶりに、診察を受れに……。

両脚の乾癬も、変わらず悪化しているし、背中から腰にかけての乾癬も、出血が絶えない。

よって毎朝、下着は血だらけ。



全ては、着衣とのスレが原因。

下着との摩擦、布団との摩擦、こすれる部位は全てで乾癬になる。


マスクをすると、どの種類のマスクでも、口の周囲で

摩擦が起こり、皮膚が白く変化し、乾癬になる。



とにかく厄介な病気である。




キラキラ今日も紫外線治療をして来た。


ただこの治療をすると、24時間、シップが出来ないのは辛い。

日焼けして下さいと、毎回言われる。

乾癬には、強い紫外線を浴びるのがいいと言うのは、

昔から分かっているのに、億劫で、なかなか外に出られない。



特に両脚の乾癬が酷いのは、

パジャマの下に、スパッツを穿いているから、

それがピッタリフィットしない為に、皮膚との摩擦で、乾癬を悪化させる。


肩、ひじ、膝の裏、お尻、足。

曲がったり、動くところは悉く、乾癬で出血する。

白い皮膚が、次々に剥がれ落ちる…ポロポロ注射

かさぶたが出来、治っても、また白く粉のようになり、

再び、剥がれ落ちる…ポロポロ注射

この繰り返し・・・




アレルギーなのか、遺伝子損傷なのか、原因は分かっていない。


合剤軟膏しか、為す術がないと言う現実だけが、はっきりしているのみ。




半ば、諦めている自分がいる。

しかもこの軟膏は、めちゃめちゃ高い。



例え今治っても、再発の可能性は非常に高い。



私より酷い症状になると、国の難病指定を受けられるが、

そうはなりたくない。



午後からの診察は、意外と早く終わったが、

日が暮れるのが早いこの時期、夜の運転が、すこぶる苦手な私には、

対向車のライトが眩しいライト


それから、そそくさと、毎回病院そばの鯛焼き屋によって、

たくさんあんこの詰まった、薄衣の鯛焼きを買ったたいやき


鯛焼き屋




更に帰りの道すがら、イオンにも寄って、

ストッキングを買うことにした…単純な発想からだけどね。

神田うのちゃんの写真に惹かれ、それを2枚買った。


神田うの

これで皮膚摩擦を防ごうという考えなんだけど、果たしてそんな単純なことで、

症状は軽快するのか…まっ殆ど期待はしてないけどね。


無駄だと分かっているけど、何もしないよりマシかな。


本当は凄い!ニッポンの本当の順位

1853年、マシュー・C・ペリー来航。開国を要求する。

後に彼は、日本について、こう語っている。

『日本人は学んだものをすぐ自分なりに使いこなすことが出来る』



昨今、連日のように繰り返し報道されるニュース。残虐で卑劣な犯罪、政治家の資質を危ぶむ声、厳しい雇用。

しかし、日本はまだまだ捨てたものじゃない!

世界に誇れる、ニッポンの本当の順位を、一気に公開!



◎都市人口世界一[ 国連統計局調査 ]

   第1位 東京(約3500万人)

   第2位 メキシコシティ(約2280万人)

   第3位 サンパウロ(約2270万人)


◎国歌の古さ世界一[ IOC? ]

   第1位 君が代(日本)

   第2位 ウィルへルム(オランダ)

   第3位 不明(無数)

  ※一説では世界一で一番古い国歌はオランダのウィルへルムだと言われているが、

   実際は、日本の「君が代」の方が遥かに古いルーツを持つ。

   「君が代」の歌詞は、10世紀の古今和歌集に既に詠まれている。

   しかも、ひらがな32文字という歌詞の短さも、ダントツ世界一!

オリンピックの表彰台の時、演奏される国歌は、やっぱり他の国より遥かに短く感じるよね。


◎電気供給力世界一[ 電気事業連合会調査 ]

   第1位 日本(9分)

   第2位 フランス(45分)

   第3位 アメリカ(69分)

  ※自然災害等を除外した、1軒当たりの停電事故時間。

   日本の電力会社の類希なる優秀さが、この短い数字に表れている。


◎水道評価世界一[ イスタンブール上下水道局調査 ]

   第1位 東京

   第2位 パリ

   第3位 イスタンブール

  ※煮沸したりせず、水道水をそのまま飲める日本は、世界的に見て、奇跡である。

   本来なら、浄水器もミネラル・ウォーターも必要ないほど、キレイ。


◎特許出願数世界一[ WIPO2005年レポート ]

   第1位 日本(約427000件)

   第2位 アメリカ(約390000件)

   第3位 中国(約73000件)

  ※資源に恵まれない日本は、技術とアイデアで世界に挑んできた。

   2005年の世界の特許出願件数は、約165万件。

   このうち何んと全体の1/4を日本が占めているんだ。


◎好感度世界一[ 英国BBC世論調査 ]

   第1位 日本(54%)

   第1位 カナダ(54%)

   第3位 EU(53%)

  ※この調査で、「世界に与える影響が肯定的」と日本を評価した人が、半数以上を占めたのは驚き。

   世界の25ヶ国で「肯定的」という意見が「否定」を上回り、とりわけインドネシアでは

   8割以上が日本を好評価している。

   中国や韓国では、未だ反日感情が根強いが、そうした声は世界でも極く少数であることがわかった。


◎ブログ投稿数世界一[ 米テクノラティ社調査 ]

   第1位 日本語(37%)

   第2位 英語(36%)

   第3位 中国語(8%)

  ※言語別のブログ投稿数を総合すると、なんと日本語が英語を抑えて第1位。

   英語が様々な国で使われていることを考えると、日本人がいかにネットを頻繁に活用しているかが分かる。

   古来より日記をつけることを日常的に尊んできた国民性が、現在のブログワールドに結実しているのかな?



アインシュタインは、かつて来日した際、こんな事を述べている。

『我々は神に感謝する。我々は日本という尊い国を作っておいてくれたことを』


日本人は、どうしても他国の目を気にしやすい。

しかしそれは真逆なんだと気づく。

現に、アニメは世界中に浸透した。中国やヨーロッパでも認められて来た。

寿司も、乾電池も、ビタミンも、インスタント・ラーメンも、カッターも、炊飯器もそうだ。

日本人が世界に貢献した実績は、大きいのだよ。

だから実際は、次は日本は何を作るのか、とか何をしてくれるのかを待ち望んでいるのだ。

たぶん、今の世界を変えることの出来る国……いや、民族は日本しかない、

と思っている国が案外多いかも。

やっぱり、ニッポン独特のかしわ手を叩く風習の宗教が、どんな宗教とも対立しない、

と言うことが、本当は日本の本当の強みではないだろうか。



締めくくりに、日本にクリスマス……いやいや、キリスト教を布教した、

フランシスコ・ザビエルの言葉を紹介します。


『日本人より優れている人々は、異教徒のあいだでは、見つけられないでしょう』







« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

最近のトラックバック