Tahooブログパーツ

  • ✱神社★参詣なブログパーツ
  • 東京美女Linuxコマンド版ブログパーツ
  • お天気娘の天気予報
  • 年号変換カレンダー
  • J-CASTニュース
  • 読売・産経ニュース
  • VOCE
  • 岩手のランキング
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 電線 | トップページ | やっと »

2009年4月 2日 (木)

点滴を食べる

病院の売店は、珍品の宝庫になっている。


昨日も珍しい物を見つけた。と言っても知ってる人は多くて、私が知らなかっただけなのかも σ(^_^;)



ノア流星群の神々-ブドウ糖

その名も「固形ぶどう糖」と言うぶとう糖の固まり。

裏を見ると特許出願中と書いてある。

固めるためにでんぷんが微量に使われているようだが、

混ざりっ気無しの「ぶどう糖」だけ。



そうだ。

疲労困憊した時等に病院で点滴を打ってもらうが、あれはブドウ糖とビタミン剤がほとんど。


ブドウ糖は、脳が、その活動のために唯一取り込める栄養素である。


それ以外のタンパク質や脂肪などは、いくら摂取しても肥満傾向になるだけで、

脳は入り口で排除してしまう。

従って、脳が唯一のエネルギー源として受け入れるのは、ブドウ糖だけなのだ。


だから疲れた時の点滴には劇的効果がある。

何しろ脳を守る事が出来る、たった一つの栄養なのだから。


登山やヨット、漁船などが非常食として必ず甘い物を携行するのは、もし万が一遭難した時、

たとえ手足が凍傷になっても、脳の機能さえ動いていれば助かる可能性が非常に高いと言う、

古くからの経験から来ている。



所が最近、砂糖は随分悪者扱いされるようになった。

そこで登場したのが、人工甘味料と言う奴なのだが、これはその名の通り人工的に合成した物なので、

砂糖が分解された時に出来るぶどう糖とは、化学式が複雑で異なる。

そのためいくら人工甘味料を摂取しても、脳にすれば組成が違う為、排除してしまうのだそうだ。

結果として、本人は砂糖を摂っているつもりでも、脳には栄養が足りていないという事になる。



赤ちゃんや幼い子供が甘い物を欲しがるのは、

人類が何万年もの間、脳を守る本能として、脈々と受け継がれて来たものなのだ。

だから子供の頃は、身体より頭が大きいのである。

大きな棒の付いた飴玉を持たせると、赤ちゃんが大人しくなるのは、本能だと言える。


またヨーロッパなどでは、昼食に時間を掛け、コーヒーやカフェオレにたっぷりの砂糖を入れて飲む習慣が

古くから続いているが、砂糖(ぶとう糖)には気分をハッキリさせ、頭の回転を上げる効果があると言われている為、リフレッシュする事が出来るのだ。


脳をストレスから救ってくれるのも、唯一、ぶどう糖のみ。


そこで脳の栄養が不足すると、セロトニンの伝達も上手くいかなくなる。

その為、セロトニンの活動を活発する為に、抗うつ薬などが使われるのだが、

少なくとも私の場合は、チョコレートで砂糖を補っているせいか、うつ病やパニック障害にはなっていない。





但し、脳は、肝臓や他の内臓と違い、ぶどう糖を蓄えて置く事が出来ないので、

多量に一度に摂取しても意味は無い。


何事も少しずつで良い。



脳に十分な栄養─ぶとう糖が供給されていれば、脳はそう簡単には衰えない。


そう言えば、今でも人気の衰えない、日本文学界の巨人・松本清張氏。

彼も大の甘党であり、酒は全く飲めなかったらしい。

甘い物好きは、頭もフル回転するだろうか……?







« 電線 | トップページ | やっと »

闘病」カテゴリの記事

最近のトラックバック