Tahooブログパーツ

  • ✱神社★参詣なブログパーツ
  • 東京美女Linuxコマンド版ブログパーツ
  • お天気娘の天気予報
  • 年号変換カレンダー
  • J-CASTニュース
  • 読売・産経ニュース
  • VOCE
  • 岩手のランキング
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« A-yaライブ放送 | トップページ | 床屋探し »

2009年6月17日 (水)

鮮明

どうやら胃腸薬の集中攻撃で、胃もたれもかなり楽になったので、

椅子に座ることも出来るようになった。


今朝になって、父もずぅ~っと胃もたれが続いていて、

昨日あたりちょうど良くなったと言ってた。

母は何ともなかったようで、たくましい胃袋である。


こんな時は、とても市販薬では収拾がつかないので、

常備薬として漢方薬を、母はいつも貰っているから

それが効いたみたいだ、なんてな事を話していた。


おいおい、それじゃぁ家族みんなで、秋田ふきで仲良く胃もたれかぁ・・・




さて、本題。

人生一番目の記憶は? ブログネタ:人生一番目の記憶は? 参加中

それは幼稚園の時の事で、それ以前の記憶は既に無くなっている。

生まれつき身体の弱かった私は、しょっちゅう熱を出す子供だったらしい。

そんな私が幼稚園の時、肺炎になって、
当時2軒しかなかった医院の一つに入院した日の出来事である。

熱は42゜を越えていた。
体温計の水銀柱が42゜の赤いラインを越えているのを覚えている。
早速、当時出始めた抗生物質のペニシリンを
お尻に刺された。
この頃は、抗生物質と言えばペニシリンだけ。

これがしこたま痛かった。

それから病室に運ばれ、布団と茶色の毛布を掛けられた。

そのあとに悲喜劇が起こった。


看護婦さんが、紙に包んだ粉薬を飲ませようとしたが、
水を持ってくるのを忘れたらしく、
粉薬をそのまま飲むことになった。

粉薬の色は、うぐいす色。

口の中に入れたが、当然ながら粉薬を飲み込めるはずもなく、
私は、むせた。


そして、嘔吐した。


茶系の毛布の上に、うぐいす色の粉薬と食べ物の未消化物。


ドバーっと広がる、ゲロの海・・・・・・
(汚い話で申し訳ありません)


その味が、その後の人生を左右する結果となった。

実はその味は、肉を食べた時の感触と味にそっくりだったのだ。


その結果、小学校の時は、全く肉を食べれなかった。
  ・
  ・
  ・

今は普通に肉は食べられるようになった。


(後日談)
この肺炎で入院し、退院すると、
胸の真ん中のちょっとへこんでいる所が、更にへこんでいた。
ちょうど肋骨の終わりの所である。

小さい頃は、自分のげんこつがそっくり入るほど、へこんでしまっていた。

何故こうなったのかは、全く不明。


これが今も残っている、人生最初の記憶。



« A-yaライブ放送 | トップページ | 床屋探し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック