Tahooブログパーツ

  • ✱神社★参詣なブログパーツ
  • 東京美女Linuxコマンド版ブログパーツ
  • お天気娘の天気予報
  • 年号変換カレンダー
  • J-CASTニュース
  • 読売・産経ニュース
  • VOCE
  • 岩手のランキング
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 決定 | トップページ | 今頃、カレンダー »

2009年7月19日 (日)

もうすぐ降り注ぐ

世界三大流星群の一つ、

ペルセウス座流星群が、8月13日頃にピークに達する。


世界天文年2009の今年は、日本の南で、皆既日食も見られる。


ペルセウス座流星群は毎年7月17日~8月24日の間に、

地球に降り注ぐ。

最大で、一時間当たり、50~60個の流星が降り注ぐ。


夏本番の時期。

晴れ渡った天空に、明け方まで放射状に舞い落ちる。


是非、好きな人と見つけて下さい。


結婚相手に求めるものは? ブログネタ:結婚相手に求めるものは? 参加中

それはもちろん、

魔法を使える人。


掛かりやすいので、多分、一生魔法に掛かったままでしょうhappy01


そして、誕生日が覚えやすい日にちの人。



小さい頃、人は自分の誕生日を、いつ、誰から教えられるのだろう?


教えられた誕生日は、当然、疑いもせず、

その日だと思い込む。


でもその誕生日が嘘だと気づいたら……


人はいつ、自分の誕生日を、自分で確認するのか?


例えば孤児だとしたら、法か誕生日を決めるが、

普通に育った場合、間違いにいつ気づくのか…



私は、中学になるまで、己の誕生日を

間違えて育った。

何故そんな事になったかは、今も分からないが、

それ以後、

他の人の誕生日を、全く覚えられなくなった。


紙に書いても、何度も口に出して覚えても、

どうしても覚えられない。


記憶が記憶では無く、

単なる流れ言葉として通過してゆく。



私が自分の目で、

自分の誕生日を正確に知ったのは、

高校入試の願書の提出で、

初めて、住民票を取ったときだった。


戦前、戦中でもあるまいし、

どうして両親は、その異変に気づかなかったのか?



ほんとに、アホか!


開いた口が、しばらく閉じなかったよ↓



そのお陰で、小学校の六年間、

友達とのお誕生日会は、全然違う日に祝っていたのさ……


当然の事ながら、

通信簿の誕生日は間違っているし、

卒業証書の誕生日も、間違ったまま。


この間違いに、両親も誰も気づかなかった。




Oh my fastidious !

« 決定 | トップページ | 今頃、カレンダー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック