Tahooブログパーツ

  • ✱神社★参詣なブログパーツ
  • 東京美女Linuxコマンド版ブログパーツ
  • お天気娘の天気予報
  • 年号変換カレンダー
  • J-CASTニュース
  • 読売・産経ニュース
  • VOCE
  • 岩手のランキング
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の記事

2009年9月30日 (水)

ただいま

正確には、昨日の私の症状はパニック障害では無いらしい。

こう言う不安と緊張と混乱が同時に起こるのが、身体表現性障害だそうだ。


考えれば、私は最近、躁状態だった。

だから薬の効き過ぎかな、と思っていたのだが、

今回のような緊急事態でも、

ちゃんと考えられたのは、多少、躁状態だったからかも、

と、医師の話。


確かに、バスの中では、半ばベソをかいていたのに、

泣く事はなかった。


辛うじて、落ち込みを食い止めた、というのが正解のようだ。


今日の精神科は込んでいた。

たまに見かける人も、いつも見かける人も、診察に来ていた。


と言うより、一人一人の診察時間が長く、押しているようだった。

30分以上が何人もいた。


私は、一度に最大3錠まで飲める抗不安剤をもらった。

これからはいつも持ち歩くように・・・と言われた。


困った時は、ありとあらゆる人を頼りなさい。

自分だけで抱え込まないで、と先生の言葉。

そうだ。

我慢することは無いんだ。


所詮、人は一人では生きてゆけない。

その事を忘れていたんだ。


先生は最後に、いつでも注射を打ちに来なさい。

我慢しなくていいから。

そう言ってくれた。


確かに、冷静になれば、術は見つかるかも・・・と思った。

今日はアドバイス通り、セロハンでグルグル巻きにしたメガネが活きた。



>おびこさん

コメントありがとうございます。

そちらでも挨拶をするんですね、感心しました。

とても和やかな雰囲気が素敵でしたよ。


>ムーMiraiさん

コメントありがとうございます。

でんでん虫号、たくさん通りますよね。ステップが低くて乗り降りが楽そうです。

やはりお礼の挨拶をするのですね。

知らなかったのは私だけみたいです(恥ずかし;)

夜の運転は、恐いです。

なんかお年寄りが道を歩いてる気がして・・・

ご心配をかけましたが、今日は無事帰りました。



そこで、昨日のバス記念に、

チラシを貰ってきました。


ノア流星群の神々-chirashi

観光バスなので、こんなチラシが各座席のカゴに・・・

田舎を走る路線バスなんですけど、

小旅行の気分?


昨日は、無理でしたけど。



不思議なバス

もう30日になってしまった・・・


緊張と不安から解き放たれ、帰ってそのまま寝た。


ほんとに疲れた。



選んだ手段は、バス。

電車はやはりとても無理。


夜になって、どんどん見えなくなる。

景色が、ぼんやりとしか見えない。

なんと恐いのか。


目の前の人の顔さえ、ボーっとして見えない。


これがパニック発作なのか、と思った。

そんな診断は下ってないが、

見えないと言うのがこんなに恐いとは思いもしなかった。


怖い。




車は、時間駐車から、12時間駐車に移し、

病院の近くから、直行便のバスに乗った。


このバスの事は、以前から知っていた。


車に常備している杖を持って、

1時間に1本のバスに乗る。


大型の観光バス用の普通便。


夜の盛岡の街を見るのは、もう何年ぶりか・・・

でも、ギラギラして、ぼやけて、何も見えない。



そのバスで不思議な光景を目にした。



距離の長いこの路線バス・・・

20代くらいの女性が、とあるバス停で降りるとき、

「ありがとうございます」と、

運転手に声を掛けた。


バス会社の人?


そう思っていると、次のバス停で降りる女性も、

「ありがとうございます」と

挨拶をした。


しばらく走り、また別の女性・・・


もうバスの運転手とも関係ないことは分かった。


利用者の少ない田舎行きのバス。

これは、何の法則だろう?


結局、老人ホーム前で降りた人を最後に、

乗客は私だけになった。



もう外に明かりはマバラ。


以前より料金が50円上がっていたが、

降りたバス停の周囲は、暗く、ひんやりする。


股関節の痛みもピーク。


バス停のブロックに座り、

まだ高鳴る鼓動と、流れる汗を夜風に晒した。



ここまで来た、という安心感が、たまらない。


怖かった。


多分、メガネのせいなんだと自分に言い聞かせる。

視力が合えば、こんなの何ともないさ・・・


強がりだ・・・


最後の抵抗だよ・・・



最後の気力を振り絞って、104に携帯から電話。

地元のタクシーの番号を聞いて、

ようやく家にたどり着いた。


母がいた。



話す元気もなく、股関節ベルトを外し、

すぐ横になった。


なんて1日だ・・・



すでに完全にくじけてる。





そして今、一旦目覚めて、ソーセージを食べて、

薬を飲んだ。


以前なら、バスで何回か通ったので、

そんなに疲れなかったが、

今回は、ほとほと疲れた。


頭がフル回転して、12時間駐車を思い出したのが、少しの幸運か・・・



つくずく、夜は怖いと、改めて知らされた。


もう2度と、夜の盛岡の街を見ることは無いだろう。



さて壊れたメガネだが、

メガネ屋さんによると、今は、折れても溶接出来るとの事。

但し、メッキははげる。

料金は2000円。


さらに、今回のようにポキっと折れた場合は、

セロハンテープでぐるぐる巻きにすれば、ちょっとは使えるらしい。


帰って早速グルグルに巻いた。


すると、一応使えるみたいだ。



どうしてそう言う事、知らなかったのか・・・


他にも、大概は応急処置が出来るらしい。


メガネは実に奥が深い。


ちなみに2枚1組で46万円のレンズを見せてもらった。

全然違う。

家庭用の天体望遠鏡と、ハワイ山頂のスバル望遠鏡ほどの違いだと言う。





さて今日もまた病院。

昨日と同じ病院。


無事に過ぎますように・・・

頓服は持って行きます。


とりあえず、本日は無事生還!


携帯電話に感謝!



ムーMiraiさん.........本当にありがとう。感謝しています。


明日も頑張ります!




2009年9月29日 (火)

こんな落とし穴が!

今、循環器科の診察が終わった。
そして外を見て気づいた。
もうかなり薄暗い。

そうなのだ。
見えないのだ。

急遽掛けてきたメガネは、近近用のメガネらしいのだ。

明るいうちは良かったが、暗くなって、かなり見えない。
これでは車の運転は無理。


さてどうしよう?

バスで帰っても、家までかなりの距離がある。

電車は、心構えが…
薬、持って無いし。
第一、車はどうする?
明日も来なきゃならないし…

いやそれより、見えない!


駅からタクシーか…?
そんな持ち合わせ無いぞ!


ヤバイ、緊張で手が震えて来た。
お腹が痛い。

どうする……俺!



続く!

2009年9月28日 (月)

踏んだり切れたり

昨日、コンビニ弁当を温めていたら、

ブレーカーが落ちて、電気が切れた。


あえなく、電子レンジが壊れた( ̄□ ̄;)!!


更に、あろーことか、

弾みで、メガネが落ちて、


踏んづけて、メガネも壊れた( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚o(;△;)o


ノア流星群の神々-めがね


うぅ~~む、二つも一辺に…

お金が無いと言うのに∞&%£¢★§!(ノ´▽`)ノ ⌒(呪)


とりあえず、古いメガネをめっけて、掛けて見た。


かな~り度がゆるい。



がしかし、それを掛けて、

今日、電子レンジを買って来た。

1万円ジャストの電子レンジ。


15年ぶりの買い替えのシンプルレンジ。



メガネは明日か明後日か、明々後日か…


しかも、明日は循環器科だし、

明後日は精神科だし、

明々後日は歯科だし、


鳥目だし…日が暮れるの早いし…


どうすんだ、俺エー!

(ってCMで誰か叫んでたなァ)



2009年9月26日 (土)

a-nation ’09 浜崎あゆみLIVE

特に誰が見たかったと云う訳ではないが、

WOWOWのa-nation ’09を見た。


トリを務めたのは、浜崎あゆみ。


素晴らしい!

Wonderful!


小柄な身体から放射される、漲るエネルギーのパワーは、

物凄く強大だ!



近頃のインディーズからの即席バンドや、

音程の外れたアイドル集団とは、

桁違いに凄い・・・スゴ過ぎる!

こう言う、女性ボーカルは、

もう出て来ないのか…?



しかも全て知っている・・聞きなれた曲ばかり。

そりゃそうだよ、レコ大を2度も獲っているんだもの・・・



多くの女性J-POPアーティストが出て来たが、

浜崎あゆみの曲は、別格。


なんと素敵な曲、圧倒する歌唱力、決して潰れない高音、

息継ぎの素晴らしさ・・・



やはり浜崎あゆみは、類まれな才能を持っている!



スタジアムの淵を回る姿は、とてもあどけなく、可愛い。



こうして再び"あゆ"に感化されてしまったので、

今日は、これから「浜崎あゆみ ミュージアム」の、

LIVE DVDを見ながら、眠ることにしよう…



そして明日は、

今夜録画する、「倉木麻衣LIVE」を見るのだ。


I LOVE GIRL'S J-POP!

2009年9月25日 (金)

鎌倉音楽祭 鶴舞2009 LIVE放送予定

あれよあれよと、少々間が開きましたねー。

なんだか忙しくて・・・いやいや慌しくて、バタンQの日々。


テレビとも何故か折り合いが悪く、殆ど見れずじまい。


そこで、ここに記録して忘れないように、かな?

予約すればいいんだが、どうせ見る時間もないしなあ~

リアルで見るしかないでしょうウー。



◎平原綾香のLIVE ON AIR情報ですので・・・

鎌倉音楽祭 鶴舞2009

10/2(金) 20:00 ~ 22:00
BSトゥエルビ[12ch]


こんな話、ちっとも知りませんでした。

って言うか、知ってどうなるものでも無し。所詮、ド田舎なんでねェ~


でもこう言う番組を、なんの予告も無しに放送してくれるなんて、

BSトゥエルビ・・・あんたは偉い!!



近頃のCSとかWOWOWより、かなり偉い!

2009年9月19日 (土)

障害者自立支援法廃止へ

長妻昭厚生労働相は19日、障害者のサービス利用に原則1割の自己負担を課す障害者自立支援法の廃止を表明、新制度の設計に着手する考えを示した。~中略~ 

障害者自立支援法では、利用料の原則1割負担が盛り込まれたため、収入の少ない障害者が施設利用を控えざるを得なくなるなど問題点が指摘されてきた。


でも、ほんとうにこの制度が無くなると、めっちゃ助かります。



※障害者自立支援法は…

平成18年施行され、身体、知的、精神の障害別に分かれていた旧来の福祉サービスを一体化し、障害の程度を6段階に分けサービスを提供する仕組みに変更した。「応益負担」の考え方を導入し、障害者の生活に不可欠な介助や介護などのサービス費用に原則1割の自己負担を課した。


これにより、低所得者や年金生活者には苦しい生活を・・・

お金の無い者は、そのまま死ね、と国が下した地獄の沙汰も金次第の、金持ち優先政治の象徴だった!


古ぼけた錆びだらけの、自民党議員官僚の、

独裁政治が生んだ国家的弾圧として、長く語り継がれるだろう!



腐った根は、抜いても抜いても、まだ生き延びている。


まるでギシギシのようだ。

2009年9月18日 (金)

JCSAT-12無事JCSAT-3Aと交替


2009年9月12日、これまで耐用年数を過ぎても、交替出来なかった、

スカパーを放送している、日本の通信衛星JCSAT-3Aが、

先月(2009年)8月22日に打ち上げられた、JCSAT-12と無事交替した事が、

BBC MonitoringとSatTrackerのデータで分かった。


ノア流星群の神々-JCSAT-12
JCSAT-12

これまで運用を続けて来たJCSAT-3Aは、1995年8月29日に打ち上げられ、

耐用年数は15年だった。

期限ギリギリのため、姿勢制御のための燃料噴射を、抑えてきた。


このため衛星は、最大上下角1.7度までインクランドしていた。

静止衛星では無く、ふわふわ動く衛星になってしまったいたのだ。


JSATは後継衛星JCSAT-11を、2007年にロシアのプロトンロケットで打ち上げたが、失敗。


急いで、JCSAT-12を調達し、ESA(欧州宇宙機関)のアリアンロケットで、先月ようやく打ち上げに成功した。JCSAT-12は今月12日、ようやくJCSAT-3Aと呼称を変え交替、本格運用を開始した。


JCSAT-3Aにはスカパーの安定的放送の維持と同時に、実は日本、オセアニア、アジア太平洋、ハワイまでを大きくカバーするCバンドを搭載している。

このため他の国内衛星と違い、重量は4トンもある。

同時に打ち上げられた、オーストラリアの衛星Optus-D3は2.5トンしかない。
ノア流星群の神々-JCSAT-12C
Cバンドのカバーエリア


JCSAT-12は、大型衛星なのだ。


そして現在、台湾のTAS Communicationが、35チャンネルのデジタル放送を、

アジア全域に向けて放送している。

他にアメリカの某チャンネルもオセアニア向けに使用中だ。


これまでのJCSAT-3Aは、JCSAT-Rとして、東経129度に移動し予備衛星となった。

予備衛星として東経129度にいたJCSAT-Rは、東経142.5度に移動し、JCSAT-RAとなった。


この交替で、これからもスカパーとTASの安定的放送は継続される。



2009年9月16日 (水)

臨床経験の乏しい精神科医にパニックは治せない!

また昨日から緊張して、落ちつかないまま、病院へ。


先日までの混雑がウソのように、市内の道路は空いていた。

国外ナンバーの姿は、殆ど見えない。

穏やかな日常が、そこには溢れていた。


祭り囃子の太鼓の音が、聞える。


ノア流星群の神々-秋まつり

もう秋祭りが始まっていた・・・




私が通う水曜日に、いつも顔を合わせる子供がいる。

父の話では、知的障害の為、施設に預けられているらしい。


その子と、一緒の曜日になり、同じ先生の診察を受けるようになり、

もう何年が経つのだろう?


今日初めて、「こんにちは」と挨拶をした。

私も「こんにちは」と言った。

すると彼はもう一度「こんにちは」と言った。


初めての事だった。


私は自分で「言う」と自分に命令しないと、挨拶がとても苦手で、

必ず、小さな声になる。

そう言う、社会常識を知らずに育ったからかもしれない。


小学生の頃の挨拶は、機械的なシステムとして、覚えたが、

実践で使うことを、教えられなかった為、

即応出来ないまま生きてきた。



だが今日はそれだけではなかった。


彼の母親とも、初めて言葉を交わした。


年齢は、子供の年齢を考えると、私より若いかもしれない。

これまで毎回会釈はしていたが、

話をしたのは、今日が初めてだ。


意外と声は低い。ハキハキした口調。


次回から、声を出して挨拶が出来る。

なんだか、そんな事が嬉しく思った。




さて毎度の事ながら、他に待っている人はいない。

もう随分長い事通っているが、

時々、新患の人を見かける。


ここでは曜日によって、担当医師が違うので・・


しかし新患の人も、やがて、薬担当医師に回される。


薬だけ欲しい人は、診察医ではなく、

薬処方の医師の簡単な診察を受け、

あとは、処方箋をFAXで、近所の薬局へ送り、

そのまま帰る。


症状が安定している人は、皆そうする。

そして、この病院から、個人医院へ移る。


だから遠くの人は、内科などで、処方箋をもらえるようになる。


今、水曜日に会う患者は、殆ど違う人ばかり。


私のように、定期で必ず診察を受ける人は、重度の人ばかり。




では、何故、うつの人パニックの人は、

早く軽快して、来なくなるのか?



実は以前、市内の別のメンタル・クリニックに行った事があった。

すこぶる体調の悪かった私は、点滴を懇願したが、

クリニックの医師の判断は、NOだった。

唖然とするも、それでも懇願すると、

なんと、待合室の椅子に寝かせて、点滴を始めた。


そう・・・・

ここには、点滴をする為のベットが無いのだ。



今の病院では、別の部屋で点滴している人を、

よくみかける。

筋注も、お願いすると、医師の決断が早く、

すぐ注ってくれる。


とにかく経験が豊富だから、決断が早い。

新患でも、すぐ入院をする手続きに入る時もある。


それは多分、心療内科とは違って、DVやPTSDやアルコール中毒や、

精神分裂病、被害妄想など多岐にわたる患者の多さが、

データとして蓄積されているからなのかもしれない。


何せ、この病院には、心療内科も神経内科も別にあるのだから。




少なくとも、点滴用のベットの無い心療内科やメンタル・クリニックでは、

いくら通っても、治るのは困難と言わざるをえない。


それに、私の通う病院では、デパスは絶対出さないし、

これまで一度も出されたことは無い。


治す気がある医師なら、そんな臆病な治療はしない。

それは、治す気が無いのと同じ。




日本一老人の自殺者が多いと言う不名誉な岩手県。


この病院は、彼らにとって、最後の「砦」なのだ。




2009年9月15日 (火)

続々・ネタ~運動会はずら

好きな運動会の種目 ブログネタ:好きな運動会の種目 参加中

う~ん。木村カエラと瑛太が真剣交際と…。
歯医者の待合室で、「女性セブン」を見て初めて知った。

双方の所属事務所は「真剣なお付き合いです」と認めているらしい。

女性歌手の場合、突然現れ、突然結婚して消えるから、厄介だ。
長く続くのは、ほんの一握り。

やがて早々に離婚して、又現れる。アルバイト感覚なんだよね。
木村カエラの歌手人生は、もう満足で、終わるのでしょう。

な~んだ。



ネタはここから。
運動会は、ジャージ姿なるとイジメられていたので、
小・中・高と、全部ズル休みしてた。

運動会は、大っ嫌いでした。(体育もずら)

2009年9月14日 (月)

地デジ、既に出ていた!

遂に、地上デジタル放送が始まった(キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!)。


と言うか、もう始まっていたタ━━━(゚∀゚)━━━!!!



そう言えば、いつもの山の上に、細い鉄塔が建った・・・と気づいたのは、

今月に入ってから。


ノア流星群の神々-地デジ2

どうも携帯で撮ると、肉眼より、かなり見えない。

(自宅から直線で4~5キロ)



ちょい近づいて、再度撮る。

細長いのが、デジタル用・・・。

隣の四角いのは、アナログの中継波受信用。

ノア流星群の神々-地デジ


しかし早くても10月から試験電波が出ると聞いていたので、

全く知らなかったが、

広報を読んで、今月中旬から、一部電波が出るとあった。


おお━━━!!


まさか、もう出ているのか?


と、地上デジタルチューナーを合わせて見ると、

ぬわ~んと、出ているじゃないか━━━ぁ!


こ、これで、岩手朝日テレビが、カラーで見れるぞウsign01scissors


今まで、本送信所→某地中継所→当地。

枝波を更に再送信して、それを受信して来たので、

雨や雪の日は、ざらざら画面になり、白黒がやっとの日ばかり。


だから、テレ朝は、映れば良しだった。


それがやっとキレイな画面で見れるなんて、夢のようですキラキラ



それにしても、この不景気の時。

地上デジタル放送の整備には、莫大な労力と費用が掛かる。

中山間地を全てカバーするには、自治体も、国も、テレビ局も、

かなりの負担だ。


どうするんだ、国は・・・??

2009年9月12日 (土)

深津絵里 の日 prart2

2度目だが、当然ながら、深津絵里とは全く関係ない。


寒気がひどい。

どうやら再び、風邪を引いたようだ。

この所の寒暖の差に、身体が右往左往しているようで、

直ぐに風邪を引く。


実に厄介な身体である。


おかげで、引きこもりと言うより、寝たきりに近い。


これまでこの中途半端な身体のおかげで、

一体どれほどの約束をドタキャンして来たことか・・・(クソォー!)

この身体のせいで、どれだけの事を諦めてきたのか・・・。


毎週、毎週、風邪を引いては、眠気と寒気に襲われ、

風邪薬を切らした事がない。


私の場合、老人のように、熱が殆ど上がらない。

その為、放って置くと、いつまでも眠いまま。


何故、眠くなるのか知らないが、内科でも、原因は判らずじまい。

しかもこれと言って症状も無いので、薬も出ない。




そこで今回は、「賦活」することにした。

「ふかつ」である・・・(苦笑)


偏頭痛の発作の時、気づけば良かったのだが、

まさか・・・と、思いもよらなかったのだ。


どうやら私は今、乱れた状態にある。


季節の変わり目の、気温の変化に、身体が適応出来ていないと、診た。

交感神経と副交感神経が、うまく切り替われないのでは、と判断。


そこで交感神経を、一旦リセットしてやる事にした。

いわゆる自律神経失調症と言う奴。

方法はいたって簡単。

自律神経が集まる、脳下垂体視床下部を、賦活してやればいい。



これはあくまでも私の場合で、

長い経験から、最も有効だと感じてる方法。


脳下垂体視床下部に集まる自律神経系は、

全て、脊髄の中を通ってくる。

その集中部を、冷やす。

・・・これだけ。


冷やす場所は、

首の骨の付け根。

ちょうど、ゴツっと、出っ張った所を中心に。


冷やす時間は、視力がカスレて来るまで。


これは多分、涙腺のしずくだと思われるが、不明。


時間にして、3時間くらい。


自律神経が静まると、不思議と、心も静まる。

あたふたしていた自分が、少しだけ、冷静に戻れる時間。




あくまで私の場合である。

そしてただ今、深津絵里の真っ最中・・・・



2009年9月11日 (金)

初顔~私はこんな奴です


ノア流星群の神々-顔

アメンバーが少ない事をいいことに、

初めての顔出しをして見ました。


50歳超えにしては、若く見られるのですが・・・


ちなみに、ここだけの話。

生年月日は、微妙に、サバを読んでますヘ(・o・Ξ・o・)ヘ

2~3歳ですけど。

月日は正しいです。


関根麻里ちゃんと、同じ日scissors


2009年9月10日 (木)

幽霊に殴られたかと思った

昨日の朝、顔の左側に走る激痛で目が覚めた!


左目が開けられない程の激痛だった目*


しかし鏡を見ても、顔は腫れていないし、目も見える。

でも痛い。たまらなく痛い。


殴られたかと思ったが、夜中にそんな怪奇現象に遭遇した覚えも無い。


何の痛みか知らないが、顔の左側顔部が痛くて、触れない。


とにかく目薬を注して、ルナを飲んだ。



昼を過ぎると、寒気がする。

どうやら又風邪を引いたみたいだ。

めちゃ鼻づまりで、息苦じいい・・・

かなり用心していたが、先々週に続いて、又しても眠い


結果、あえなくダウンdown


目の痛みがちょっと和らいで来て、

そこで、ハタと気づいたぴかっ!


原因は、睡眠中の偏頭痛の発作だ!………たぶん?



私の場合、起きている時もなるが、

眠っていても発作が起こる。


これは前兆となる、キラキラ星きらきらが分からないから、モロに痛みが襲う厄介もの。


しかし、昨日ほどの激しい痛みは、かつて経験した事がなかった。

一度本格的に発動すると、鎮痛剤も殆ど効かないから、手ごわい。


どうも原因は、おとといの散髪にあるのか?


何を思ったか、久しぶりにややゆるいパーマを掛けた。

勿論、メッシュも忘れずに・・・はくさい

予定では野口さんこんな感じだったが、結果は、パンチに近くなっただいぶつ?(大仏っぽい)(爆 ;)



それでもややテンションが上がった。


そのまま眠ったら、このザマである。


よって昨日は悶々としながら、2度痛み止めを飲んだ。



今も、左のコメカミから、頬に掛けて痛いよぉーーー!



2009年9月 7日 (月)

日本版スペースシャトル間もなく宇宙へ

軍事技術に一切頼らない日本の宇宙開発……

その真骨頂と言うべき、日本のロケットとしては史上最大の大型ロケット『H2B』が、国際宇宙ステーションへ、食料や日用品、実験機器を載せ、9月11日午前2時4分に、種子島宇宙センターから打ち上げられる。


ノア流星群の神々-h2b


現在、国際宇宙ステーションへ食料や日用品を運ぶ手段は、米スペースシャトルと、ロシアのソユーズ宇宙船のみ。しかし米スペースシャトルは、2010年までに退役が決まっている。

ノア流星群の神々-スペースシャトル

従って国際宇宙ステーションへ人員を運ぶのも、帰還させるのも、今後はソユーズ宇宙船のみになる。

米スペースシャトルが引退する最大の要因は、NASAの財政難もあるが、シャトルの信頼性に問題が生じて来たためだ。2度の重大事故、度重なる打ち上げ延期、燃料漏れなど、メンテナンス費用が莫大になりすぎ、シャトルの運行が困難になって来た為である。


ノア流星群の神々-spp

このためNASAは「後継機 オリオン」を開発中だ。

オリオンはシャトルとは違い、使い捨てタイプで、翼などは一切無い。

しかしオリオンがお披露目になるのは、2015年か或いはそれ以降になる。


そこで問題になるのが、国際宇宙ステーションへ人員を運ぶ手段だ。

今の所、その方法はロシアのソユーズ宇宙船だけになる。当然アメリカがシャトル形式を止めると、有人ロケットはロシアに頼る以外には無い。

だがソユーズ宇宙船は人員を運ぶのが主目的になれば、食料や日用品、実験機器や補修はどうするのか?


宇宙開発は、ロシアとアメリカだけに頼って来た。

しかし二つの国に頼る事への限界が見えてきた……。




今回日本が打ち上げるH2Bロケットは、軍事技術に頼らない、日本が独自の技術で完成させたH2Aを発展させた日本最大のロケットである。

JAXA・宇宙航空研究開発機構と三菱重工業が開発した大型2段ロケットである。

大きさの比較は下表を参考されたし。


重さ4トンの通常型通信衛星なら、2基同時に打ち上げられる。

この先端部に、日本独自のHTV(無人宇宙船「宇宙ステーション補給機」)を搭載し、国際宇宙ステーションへ食料を運ぶのが、今回の目的である。


ノア流星群の神々-HTV
打ち上げ後の想像図


HTVは直径4.4m、全長10m、物資を積んだ時の最大重量16.5トンになる。

もし打ち上げに失敗すれば、滞在する6人の宇宙飛行士の食料が不足しかねない。


今の所、国際宇宙ステーションへ食料等を運ぶ手段は他には無い。つまり国際宇宙ステーションへ無人宇宙船を正確にドッキングさせるだけの技術を持った国が、アメリカ、ロシア、日本、(中国は技術的に信頼性が乏しい)だけなのだ。


これまで各国は、この輸送を米スペースシャトルだけに依存して来たが、日本もその一国。

国際宇宙ステーションから、日本人宇宙飛行士が、地上にたくさんのメッセージと夢を届けてくれたが、それはスペースシャトルがあったからこそ出来た事である。


そして今は、日本人宇宙飛行士がロシア宇宙局の施設で訓練を受けている。



もはや宇宙事業は一国だけでは成り立たない。

国際協力無しでは進めない時代となった。スペースシャトルの退役は、その象徴となった。




■ 戦後、日本はアメリカ(連合軍)の占領下にあった。

鉄道、車、航空機など、あらゆる開発が禁止された。

資源の乏しい日本は、それでも技術開発を捨てることはしなかった。

アメリカや中国、ロシアが、巨大な軍事費を投入し、技術開発に凌ぎを削った。


日本はビリからのスタートだった。

軍事技術を盾に、何も教えないアメリカ。


ノア流星群の神々-ys-11
戦後初の国産旅客機YS-11。運用開始は1965年3月30日。日本人技術者の底力を見た。

操縦の安定性、劣化に強く、故障が少ない旅客機として海外からの発注相次ぐ。

1973年3月生産終了。2006年9月30日国内路線より退役。

航空自衛隊、海上自衛隊、海上保安庁で尚運用中。36年以上も現役は世界唯一。



同じように、ロケット開発もゼロから始まった・・・・。


今、アメリカはH2Bの打ち上げに、期待している。

HTVも、アメリカは今後真似をして、物資のみを届ける。



何んと日本人は凄いのか!

メゲない民族として、誇らしく思う。


もう直ぐ、純国産の大型ロケットH2Bの打ち上げである。


是非とも成功して欲しいと、祈らずにはいられない。


国及び機関 Rocket 全長 直径 打ち上げ時最大重量(t) 搭載可能重量
U.S.A ATLAS-2A 45,6m 3.05m 187,3 3,040kg
U.S.A ATLAS-2AS 45,6m 3.05m 196,9 3,700kg
U.S.A TITANS-2SLV 31,4m 3.05m 153,7 1,043kg
U.S.A TITANS-Ⅱ 44,06m 3.05m 680,0 1,279kg
U.S.A TITANS-Ⅳ(月着陸) 63,14m 3.05m 868,6 4,545kg
U.S.A DELTA-2 38,41m 2,44m 231,8 1,882kg
U.S.A
NASA
SPACE SHUTTLE 56,2m 23,8m 2041,0 21,800kg
ESA ARIANE-Ⅵ44LP 58,4m 4,0m 420,0 3,700kg
ESA ARIANE-Ⅵ44L 58,4m 4,0m 480,0 4,200kg
ESA ARIANE-Ⅴ 59,0m 5.4m 777,0 6,950kg
RKA PROTON-K4 57.76m 7,4m 770,0 4,600kg
RKA PROTON-K3 44.3m 4,0m 770,0 21,000kg(Low)
RKA ZENIT-2 57.0m 3,9m 449,0 14,000kg(Low)
RKA ZENIT-3 61.4m 3,9m 466,0 5,370kg
RKA TUKLON 39.3m 3,0m 185,5 3,500kg(Low)
CHAINA LM-2E 51,0m 3,35m 464,0 3,140kg
CHAINA LM-3A 52.3m 3,35m 240,0 2,300kg
CHAINA LM-3B 55.6m 3,35m 425,0 4,850kg
ISRO(INDIA) GSLV 50,9m 2,8m 402,0 2,500kg
ISRO(INDIA) PSLV 50,9m 2,8m 283,0 3,000kg(Low)
ISRAEL SHAVIT 17,7m 1,35m 23,0 0,400kg
JAPAN H-2 50,0m 4.0m 260,0 2,000kg
JAPAN H-2A 53,0m 4.0m 283,0 4,000kg
JAPAN H-2B
(first launch on 09/12/2009)
56,6 m 5.2m 531,0 8,000kg
*ロシア・ソユーズは除く。

2009年9月 5日 (土)

人格障害/依存症

精神病も、急に名前が細分化されて、

何がなんだか分からなくなって来た。


中でも分からんのが、

依存性人格障害と言うもの。


原因は様々だが、


結局、恋愛感情を持って、誰か・・・特に異性に依存する病気らしい?


それって病気かsign02


しかも増加し続ける、依存性人格障害の多くは、女性で、

なんか似たような、境界性人格障害も、女性に多い。


つまりは彼氏に依存していると言う事らしい・・・?


しかしそれは精神病なのか・・・?



不可解なのはここから。

依存性人格障害の女性は、どうやら依存出来る人が簡単に出来るみたいで・・・

それが自慢みたいである。


で、そう言う人は、病院でどんな治療をするのだろう?


特に治す必要があるのだろうか?

なんだか自慢しているようにも聞こえるのだが・・・




そう考えると、


友達や友人、知り合いも一人も無く、

話せる人は主治医しかいない私は、

もう二十年以上、友人が居ません。

無論、依存出来る人も皆無。


依存出来る人が、一人でもいれば、とっても幸福だと思います。

私の場合、これまで話を聞いてくれる人は―――自分だけ。



そう言う世界が、堪らなく苦しい。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。泣



孤独の恐怖とは、他人に無視される事ではなく、自分が他人に近づけない戦慄感だ。




2009年9月 4日 (金)

早くもブルーレイディスクの次世代機が登場!

script_afpbb_news,http://jss.afpbb.com/sdata/newsdelivery/ameba/js/utf8/4525000/b7dd50e3e9f4169f449b456bc59e6776.js
ようやく先進的な若者の間で浸透し始めたブルーレイディスク対応の家庭用録画再生機であるが、早くも次世代のブルーレイディスク……3DBlue-rey機が来年にも登場する事が分かった。

ブルーレイディスク対応の家庭用録画機が少しずつ増え、
レンタルDVDもブルーレイディスクへ移行しかけているこの時期に、
今度は早くも、3D対応TVと、3D再生用のブルーレイが登場する。

これまたマニアの間で話題を呼びそうだ。

しかし…

企業としては新しい製品を世に送り出す事で、経営が成り立っている訳で、
止むを得ない面もあるが、実は3DBlue-reyディスクと従来のブルーレイディスクには、
互換性が無いらしい。

つまり、今持っているブルーレイディスク対応の家庭用録画機では、
勿論、3DBlue-reyディスクは再生できない。

なのでその醍醐味を味わうには、3DBlue-reyディスク対応の再生機と、
3D対応TVが必要になる。

結局、最近登場して来たブルーレイディスクを再生出来る、内臓型のTVも、3DBlue-reyディスクはダメと言う事になる。


技術が進歩すれば、確かに便利になるし、医療や天気予報、地震予知など多くの分野でも進歩する。


だが、レイザーディスクやHD-DVDが足早に姿を消したように、既に去年録画したDVDが再生不能になり、
互換性もへったくれも無視し、どんどん使い捨てられてゆく家庭用録画再生機器。

既にSVHSが市場から抹殺されたように、
来年には、DVD-Rの規格が変わり、新しい録画機器で録画したDVD-Rは全く再生できなくなるだろう。

現実に海外の格安機器ではVRモードが再生出来ないし、

DVD-RAMも、少し前の機器では再生不能である。

もはや市販ソフトの再生のみ。


結局、進歩を追いかけてる余裕は無いし、無駄なので、VHSへ録画する事にした。

だってそんな大手家電メーカーのやることを追いかけていたら、切りが無い。

アホクサ。



そして…

やがてレンタルDVDが、SDカードやDチップになり、DVDは姿を消すだろう。

ちなみに、最新型のソニーのVAIOでも、3DBlue-reyディスクは再生出来ません、との事。

これからの人は、この技術革新のたびに新しい製品を買い替え続ける事になる。

本当にご苦労さん!
しかもその頻度はこれまでと比べられない程、速い……



2009年9月 3日 (木)

集団感染が1330件。何故感染は拡大したか?

政権交代と新型PS3発売で、急に忘れ去られた新型インフルエンザ拡大の恐怖。


これまでに、学校や医療施設などで発生した新型インフルエンザの集団感染(2人以上)の発生件数が、

8月24~30日の1週間で1330件に上ったと、厚生労働省が発表した。


都道府県別では、東京都が最も多く167件、次いで北海道93件、大阪府78件、沖縄県72件など。

入院した患者は87人。このうち未成年が64人と7割以上を占めている。



沖縄で死者が出た途端、大騒ぎになり、

その後各地で感染者が増えた。


ワクチンの量が足りないとか、保育園が閉鎖になるとか、

不安を煽るニュースばかりだが、

そもそも何故この時期に、急速に拡大したかと言えば、

理由は至極簡単。


日本の夏の恒例行事・・・・・民族大移動が原因だと思える。


菌を抱えているが、発症に至らない人々が、

夏に一斉に各地に移動した。

そして新型インフルエンザを地方にばらまいたと言う訳だ。


沖縄は、大挙して訪れた観光客が持ち込んだ、新型インフルエンザウイルスに侵された。


無傷の北海道や、田舎でも、まさかの大量発症となった!



じっとしていられない都会の人が持ち込んだ、インフルエンザウイルスに、

地方は大慌てと言う図式になった。


勿論、地方からも、TDLや東京ドームなど、

人の集まる所へ行って、菌に感染して帰ってくる。



学校閉鎖や学級閉鎖によって、徹底的に人の移動を食い止めるのが、

最大の薬であり、防御である。


何もワクチンが足りない等と危惧するなら、

徹底的な封じ込めをすればいい。


------------------------

結局、当時、水際とか言って空港検疫をしたが、

この時海外から帰国した多くが、首都圏や関西圏の人たち。


田舎じゃ、感染の微塵のカケラも無かったのだ。


だから、こちとら大迷惑なのよ。


人が少ないから、移動も近場が殆ど。

海外なんぞ、新婚旅行でやっと行くかどうかって言う、

最低賃金の県なんで、

まぁ、動かない・・・無駄に移動しないのだ。


その代わり、ビルが無いので、風が吹き抜けて、十分な新鮮な空気を運んできてくれる。

空気は澱んでいないのさ。



もう!


余計なもの、持ち込まないで欲しい。






大体、東京がオリンピックに立候補してたって、全然知らなかった。


CMとかPRとか、TVで全然やらないから、初耳でやんす。


と言うか、もしや地方には関係ない話なのかな?




とにかく一応地道に生きているので、新型インフルエンザウイルスを、

地方に持ち込まないで欲しいわ。



そういうこともある

昨日とはうって変わって、曇天の朝。

かなり涼しいが・・・赤とんぼ



昨日は久々の晴れで、しかも病院日×2。


いつもの精神科で、たっぷり要領の得ない話を小一時間。

調剤に薬の紙を出し、次の歯科へ歯



ちょっと離れているので(空中廊下で繋がっている)車を移動くるま。


待ち時間まで長椅子で寝た。

結局、これがダメだったのか・・・。


歯科の最終診察を終え、紹介状を書いてもらい、そそくさと帰路へ。


西陽が眩しい午後であった太陽



で、もう直ぐ我が家という時、

ハタと気づいたshocksign03



精神科の薬を忘れたare?*



おおっと、なんてこった!



そんな訳で、今日は薬を取りに、ざわざわ盛岡まで下山しますo(;△;)o


正に、史上初の・・・ド、ン、デ、ン、返しヽ((◎д◎ ))ゝ



2009年9月 1日 (火)

レッドクローバー

病み上がりからようやく脱した今日。


ご近所の、のりもの公園へ行って見た。


夏の喧騒はどこへやら、芝生刈りの人が大勢いて、

芝刈りが盛んに行われていた。


客は、数人の子供連れだけ。


秋だけど、静かな風が吹いている。


何十年ぶりで、ブランコに乗った。

気持ちいい風と、のんびりとした風景が、実に心地よい。




ノア流星群の神々-赤クローバー


たくさんの赤クローバーが咲いている。

チモシーも猫のしっぽのように咲いていた。


このレッドクローバー。

本来は、牛の餌。


白より赤の方を、牛は好む。



実は、レッドクローバーの花は、甘いのだ。


花の部分を取って、根元を吸うと、微かに甘い。

昔はよくむしって、チュパチュパ吸ったものだ。



ところで、本来のクローバーはあまり上に伸びない。

地面を這うように、伸びて、花だけが首をもたげる。


上に伸びるようになったのは、品種改良の結果である。


従って、糖度もそれほど高くはない。



« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

最近のトラックバック