Tahooブログパーツ

  • ✱神社★参詣なブログパーツ
  • 東京美女Linuxコマンド版ブログパーツ
  • お天気娘の天気予報
  • 年号変換カレンダー
  • J-CASTニュース
  • 読売・産経ニュース
  • VOCE
  • 岩手のランキング
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 早くもブルーレイディスクの次世代機が登場! | トップページ | 日本版スペースシャトル間もなく宇宙へ »

2009年9月 5日 (土)

人格障害/依存症

精神病も、急に名前が細分化されて、

何がなんだか分からなくなって来た。


中でも分からんのが、

依存性人格障害と言うもの。


原因は様々だが、


結局、恋愛感情を持って、誰か・・・特に異性に依存する病気らしい?


それって病気かsign02


しかも増加し続ける、依存性人格障害の多くは、女性で、

なんか似たような、境界性人格障害も、女性に多い。


つまりは彼氏に依存していると言う事らしい・・・?


しかしそれは精神病なのか・・・?



不可解なのはここから。

依存性人格障害の女性は、どうやら依存出来る人が簡単に出来るみたいで・・・

それが自慢みたいである。


で、そう言う人は、病院でどんな治療をするのだろう?


特に治す必要があるのだろうか?

なんだか自慢しているようにも聞こえるのだが・・・




そう考えると、


友達や友人、知り合いも一人も無く、

話せる人は主治医しかいない私は、

もう二十年以上、友人が居ません。

無論、依存出来る人も皆無。


依存出来る人が、一人でもいれば、とっても幸福だと思います。

私の場合、これまで話を聞いてくれる人は―――自分だけ。



そう言う世界が、堪らなく苦しい。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。泣



孤独の恐怖とは、他人に無視される事ではなく、自分が他人に近づけない戦慄感だ。




« 早くもブルーレイディスクの次世代機が登場! | トップページ | 日本版スペースシャトル間もなく宇宙へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック