Tahooブログパーツ

  • ✱神社★参詣なブログパーツ
  • 東京美女Linuxコマンド版ブログパーツ
  • お天気娘の天気予報
  • 年号変換カレンダー
  • J-CASTニュース
  • 読売・産経ニュース
  • VOCE
  • 岩手のランキング
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 筋肉疲労 | トップページ | 困惑の退院 »

2010年4月27日 (火)

よしもとばなな「王国」のサボテン

よしもとばななの連作小説に「王国」というのがある。

私は讀んだ事はないが、その中に登場する主人公が、サボテン好きな『雫石』と言う名前の女の子である。

 雫石は人里離れた山小屋に祖母と住んでいた。祖母は症状にあわせてお茶を配合し、病気にかかった人たちを治癒させる不思議な能力を持っていた。しかし、ある日、祖母は恋人とともに海外へ移住することになる。天涯孤独の身となり山を下りた人つき合いの苦手な雫石は、ほとんど目が見えない楓(かえで)という名の男の占い師に出会い、そのアシスタントとして生活を始める……。


よしもとばなな
王国(その1)
アンドロメダ・ハイツ


よしもとばなな
王国(その2)
痛み、失われたものの影、そして魔法


よしもとばなな
王国(その3)
ひみつの花園

この小説の中に、南アフリカ原産の観葉植物「オブツーサ」が、国内で雫石と呼ばれていることが紹介されている。

オブツーサはユリ科の多肉植物で、ラテン語で「丸味を帯びた形」という意味。肉厚の滴型の葉の先端が透き通っていて、人気の観葉植物だ。国内で雫石と呼ばれるようになったのも、この滴型の葉に由来しているという。よしもとさんの小説「王国」の主人公の女性はこの植物にちなみ「雫石」と名付けられていると言う。

実はその「オブツーサ」・・・つまり和名「雫石」というサボテンが、我が家にもあるので、早速、写真に撮って見た。

100427_091501 100427_091301

入院中の父が、観葉植物や樹が大好きで、これはご近所の「花工房らら倶楽部」で買ったもの。いつの間にやら出窓の棚に置いてあった。しかしサボテンと知らなかった…

そう言えば何年か前、アメリカの砂漠で、完全に閉鎖された空間で人間は何日生きられるか?と言う実験が行われたが、その時作られた超巨大なドームが、このサボテンと同じ、不思議な多角形の形に似ていた。何でも、もっとも水分を逃がさない構造体らしい。

このサボテンも、よく見ると、丸みを帯びた多角形にも見えるのだが。

« 筋肉疲労 | トップページ | 困惑の退院 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350546/34409018

この記事へのトラックバック一覧です: よしもとばなな「王国」のサボテン:

« 筋肉疲労 | トップページ | 困惑の退院 »

最近のトラックバック