Tahooブログパーツ

  • ✱神社★参詣なブログパーツ
  • 東京美女Linuxコマンド版ブログパーツ
  • お天気娘の天気予報
  • 年号変換カレンダー
  • J-CASTニュース
  • 読売・産経ニュース
  • VOCE
  • 岩手のランキング
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« お疲れさまでした | トップページ | 告知二日目 »

2010年4月 8日 (木)

父が入院

咳が酷いので、父は近くの大きめの病院に診察行ったが、レントゲン検査の結果、即入院するよう院長に言われ、そのまま入院する事になった。


明日午前にCT検査をする事になったが、父は家に戻らず、そのまま入院する事を選んだ。

おろおろする母と私。

取り急ぎ、入院に必要な物を見繕い、病院に行った。

血中酸素濃度が90%以下にまで落ちていたので、鼻から酸素吸入をしていた。
そして点滴も・・・。

車で病院に向かいながら、母が呟いた。

最近、頬がこけて来て、ちょっと痩せたみたいだったから、この機会に入院してゆっくり休んだ方がいい、と。

我が家は、私が度々入院しているので、その点は手馴れた物。淡々と必要最低限の物を持って病院に行ったのだ。

入院した病院は、呼吸器に強い院長が経営する病院であるが、お風呂は天然温泉で、いつでも入浴出来るし、デイケアセンターのロビーには誰でも利用出来る、足湯まである。

三々五々、おばあちゃん達が、診察のついでに足湯でのんびりしていると、母が話した。

新しく病棟を追加してからこの病院に行くのは初めての私は、その清潔さに驚いた。

空気が、明らかにきれいだ。


父は四人部屋に入院する事になった。

« お疲れさまでした | トップページ | 告知二日目 »

父母の闘病記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350546/37825695

この記事へのトラックバック一覧です: 父が入院:

« お疲れさまでした | トップページ | 告知二日目 »

最近のトラックバック