Tahooブログパーツ

  • ✱神社★参詣なブログパーツ
  • 東京美女Linuxコマンド版ブログパーツ
  • お天気娘の天気予報
  • 年号変換カレンダー
  • J-CASTニュース
  • 読売・産経ニュース
  • VOCE
  • 岩手のランキング
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の記事

2010年5月31日 (月)

平原綾香が威風堂々で茶髪に!?

最近忙しくて音楽と疎遠になっていたが、今日からまた観る事にして、初めて平原綾香のkaraoke「威風堂々」のPVをtvテレビで見た。

するとおや?いつもと違う雰囲気・・・と思ってよく見ると、なんとロングのvirgo茶髪ではないか!

それが全然似合っていない。本人は恋でもして晴れ晴れな気分なのか・・・単なる気まぐれなのかは知らないが、そりゃダメでしょng・・・いくら何でもng

大体、クラシックやってる人・・・例えばバイオリンとか・・・がvirgo茶髪にはしないでしょ。ピアニストとか歳取った女性は茶髪もいるけど、20代でふけ顔にしてどうするんでしょう?ますます顔が大きく見えるし、老けて見える。

久々に見たけど、かなりがっかり。曲はいいのにね~~

それにしても、大嫌いだった「東ほうしんき」がtvチャートから消えて、アイドルが復活しているのはとても良い傾向です。不況の時代はアイドルが輝くと言うのは、過去の歴史が証明してるから・・・EX**という暑苦しいグループも出て来なくなり、安物バンドも消え、karaokeアイドルが灯を点す明るいtvチャートは大歓迎!

グループが売り上げを独占していると、一人勝ち状態になるから、こういう時代では良くないと思っていて、しばらく音楽から離れていたが、やっと暗黒の男がtvチャートを占拠する時代にひとまずピリオドが打たれた格好だ。karaokeアイドルはいいねぇ~~~heart

heart

heart

heart

2010年5月25日 (火)

本格的XHTMLに挑戦。

現在更新中の「female_star」もようやく中盤。

作成を開始してからもう2年も経つ。

その間、消失したアイドル多数。

殆どが失恋…。

この世界、図太くなくちゃ生きて行けないし、これまでそれなりの人気があったのに。

リストの数も増えたが、それは気にしない。

それより「メインページ」のデザインを考えよう。

色々試行錯誤したが、何か陳腐なので、再び海外のサイトにお出掛け。

目標はXHTMLとLink rel とJava functionの利用ですじゃ。

最近やっとcssを理解出来るようになったので、ぼちぼち利用を試みている。

しかしやっぱり最終的にはデザインでしょう…ね。

それにしても、やはり一太郎は便利ですぅsign03

2010年5月10日 (月)

下血

原因は不明だが、出血した。

トイレでこれまでにも極く稀に、の太い便の時、切れ痔になり、紙に血が着くことはあったが、便器一面に鮮血が吹き飛んだのは初めてだ。

この所、不思議なことに毎日規則正しく便が出ていた。

抗不安剤のパキシルとレキソタンを飲んでいるので、便秘気味で苦労していたのだが、順調に出ることに些か不安を感じていた。

それに毎日出ている割に、便は硬め。腹は毎日、ゴロゴロ鳴る。

おかしいと思っていたが、まさかこれ程血が混じるとは想像もつかなかった。しかも最近、殆ど眠れていない。頭痛が続いている。頭がむやみに働いて、一向に休まない。

考えられるのは、とにかく毎日こうして1日中パソコンに向かっていること。

とにかく気が休まらない。

2010年5月 1日 (土)

困惑の退院

結論は限りなく灰色の経過観察。

今朝出た結論は、意外にも、肺がんとは断定出来ないと言うものだった。肺がんにそんないい加減な診断があっていいのかと疑いたくなるのだが、検査の結果は、肺がんと断定するだけの条件に満たないと言うもの。

最初のX線とCTでは、一目、肺がんの判定だった。しかし気管支内視鏡による生検では、ガン細胞は見つからなかった。病理検査で、ハッキリ白と出たわけだ。

しかしPET検査で、反対側の肺に、数ヶ所の転移ガンが見つかった。

看護婦も、その写真を見て、確信したと言う・・・、今日密かに耳打ちしてくれた。だが次のX線とCTの検査で、肺の病巣部が縮小している事が分かり、俄然、肺がんが疑わしくなって来た訳だ。CTの検査では、肝臓や腎臓、胃、腸の検査でも異常は見つからなかった。超音波でも異常は見つからない。

ではPET検査で見つかった肺の点は何んだったのか?

もし転移した腫瘍なら、CTでも見つかるはずなのに、何故映らないのか?

何もしないまま、ただ入院しただけで肺がんは縮小するものなのか・・・もしや、肺炎だったのでは・・・?

そこで経過観察となった訳だが、果たしてそんな事で大丈夫なのか?もしPET検査を信用すれば、肺がんはステージ3のbと、極めて進行した肺がんとなる。が、PET検査を誤診とすると、単なる肺炎なのか?

しかし肺がんだと断定するには、検査結果が負を示すものばかり。

まさか確認のために、開胸手術をするわけにもいかないし、もしこのまま経過観察をしていて、手遅れになる事はないのか?

現代医学において、これほど検査をしても、尚、ガンと断定出来ない事が果たしてあるのだろうか?

ガンはどこへ…

本当にガンは消えようとしているのか…?

その判断は、素人の私にはどうしようもないし……

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

最近のトラックバック