Tahooブログパーツ

  • ✱神社★参詣なブログパーツ
  • 東京美女Linuxコマンド版ブログパーツ
  • お天気娘の天気予報
  • 年号変換カレンダー
  • J-CASTニュース
  • 読売・産経ニュース
  • VOCE
  • 岩手のランキング
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 精神科にて | トップページ | 新パソコン本格稼動開始 »

2010年11月22日 (月)

広域感性ペニシリン

どうやら、慢性風邪症候群二次感染に引っかかったみたいだ。

身体のあちらこちらに、おできが現れた。

免疫力が低下すると、決まって、出没するやつ。

潰すと、赤アザとして残るし、放置しておくと大きくなって痛い。

当然、膿んでいるので、白い膿が出て来たりと、厄介になる。

抗生剤軟膏の効きも良くないので、
ペニシリンを服用しようと思い立ち、
久しぶりに、購入を依頼した。


日本では発売していないかもしれない、アモキシクラブ錠。

今、日本の医療機関では、ペニシリンを処方してくれる所は少ない。

元になったアモキシシリンは、1975年に登場した広域ペニシリンで、
特に、おできのような良性腫瘍の、
表在性皮膚感染症と深在性皮膚感染症に、
効果があるので、時々輸入している訳だ。

ペニシリンが効くのは、身体がシンプルだから、と

勝手に思っているが、真意は分からない。


とりあえず、これからもシンプルでありたい。

« 精神科にて | トップページ | 新パソコン本格稼動開始 »

闘病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350546/40626825

この記事へのトラックバック一覧です: 広域感性ペニシリン:

« 精神科にて | トップページ | 新パソコン本格稼動開始 »

最近のトラックバック