Tahooブログパーツ

  • ✱神社★参詣なブログパーツ
  • 東京美女Linuxコマンド版ブログパーツ
  • お天気娘の天気予報
  • 年号変換カレンダー
  • J-CASTニュース
  • 読売・産経ニュース
  • VOCE
  • 岩手のランキング
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 三井物産が東北の被災地にメガソーラー建設?…何んのため!? | トップページ | 岐阜県の英断、ソフトバンクの太陽光発電計画参加見送り »

2011年7月11日 (月)

打ち水

梅雨が明けて、益々暑くなりそうな今年の夏・・・。

気化熱を利用して涼しさを体感する「打ち水」の季節がやって来た。
「打ち水」と言えば、京都の祇園では、客をもてなす風物詩らしい。

Photo

打ち水と言うと、庭や道路などに撒くのが通例だが、
我が家では、玄関の中に「打ち水」をする。

110711_131201

昔は家の中と言えども、土間が当たり前だった。
大正時代に建てられた家には、土間があって、家の中に手押しポンプの井戸水があった。
土間は夏になると湿気を帯びて、硬い黒土が涼しさを運んでくれてきた。


古くなって立て替えた家も、その伝統を取り入れようと、
玄関を広く取った。

そのため、天井の壁には耐震性と通気性を兼ね備えた、古い時代の伝統工法を取り入れている。
だから家の中は、冬でも梅雨でも結露を一度も起こした事がない。

熱は天井に上がり、オーニング窓から外へと出てゆく。

だから玄関周りはいつも涼しい。




にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ にほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ

« 三井物産が東北の被災地にメガソーラー建設?…何んのため!? | トップページ | 岐阜県の英断、ソフトバンクの太陽光発電計画参加見送り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック