Tahooブログパーツ

  • ✱神社★参詣なブログパーツ
  • 東京美女Linuxコマンド版ブログパーツ
  • お天気娘の天気予報
  • 年号変換カレンダー
  • J-CASTニュース
  • 読売・産経ニュース
  • VOCE
  • 岩手のランキング
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 雪はどこへ | トップページ | 峠の向こうは大雪らしい »

2012年1月19日 (木)

診察

全く声が出なくなり、喉の痛みが酷くなった今日、蓄えの風邪薬も底を尽いたので、駅のそばの病院へ行った。


過去の忌まわしい記憶が甦る…。
今回のように喉が喘鳴し、やがて痰が泡沫状になって、別の病院で診てもらったら、喘息だと言われた。
その時はレントゲンは撮らなかった……。


だがその時、既に肺に水が溜まり肺水腫になっていて、そのまま意識を失った。

今回はまだあの時とは違うが、診察を受けた方が良さそう。

あの病院へは、それから一度も行っていない。
今日も別な病院…


熱は36.5℃で平熱。肺の音に濁りはなく、診断は急性上気道炎。

つまり風邪だ!


本来は外科なんだが、何でも診る。
「レントゲンは撮らなくていいですか?」と訊くと、「大丈夫だ」と言って吸入とたっぷりの風邪薬〜

この先生に言われると安心する。

帰りに薬局で常備薬の風邪薬とユンケル、それにピジョンのイオン飲料を10本買って帰って来た。


先生曰く。
無理して痰を出そうと頑張ると、喉が腫れるので、気張るな。
と忠告。

しかし一体いつ風邪を引いたのか…もう何十年と熱が出た事がないので分からん↓

« 雪はどこへ | トップページ | 峠の向こうは大雪らしい »

闘病」カテゴリの記事

最近のトラックバック