Tahooブログパーツ

  • ✱神社★参詣なブログパーツ
  • 東京美女Linuxコマンド版ブログパーツ
  • お天気娘の天気予報
  • 年号変換カレンダー
  • J-CASTニュース
  • 読売・産経ニュース
  • VOCE
  • 岩手のランキング
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 地吹雪の日の診察日 | トップページ | 選挙 »

2012年12月 6日 (木)

またまたどっきり

診察日の昨日、出かける直前にパソコンを10分ほど操作してから、身支度を済ませ、普通に寒風吹きすぶ中出発sign01
いつも途中下車する自販機も通過し、市内に入り、予定の駐車場に入庫した。

ここまでは良かった。

循環器センターの売店で、マスクとお茶を買おうとレジへ行くと・・・・・

coldsweats02shockcrying さ、財布が無いsign01

ガビョーン、忘れたwobbly

レジに置いたものをスゴスゴsweat01、元の場所に戻しsweat02 どうしたものかと貧弱な脳で考えながら、とりあえず渡り廊下を通り本院へ。
精神科に予約券を出して、しばし考え込む。
カードも小銭も無い。



そう言えばこれと同じ事を去年もやらかしたので、今回もそれを実行に移す事に。

精神科の診察が終わったあと、精算書をバッグに入れ(と言っても入らないので差し込んだ感じ)、ずらかる訳ではなく、一旦病院を出て一番近くの銀行へ、歩くrun
キャッシュカードもないので、非常時のために少額だけ入った某銀行の通帳で、何とか診察代と駐車場代を降ろし、再び病院へ、歩くrun


二度手間になったものの、一旦帰宅し、案の定コタツの上で鎮座されている財布を手に、調剤薬局で薬を受け取り、ついでに薬本を買って、なんとか窮地を凌いだsweat01sweat01
確かに通帳を持ち歩くのは危険だが、最低限、家までたどり着ける金額だけの通帳はあった方がいい。
バッグは襷掛けで、外出先では床や椅子には絶対置かないが鉄則。

強盗に遭った時は、財布でもバッグでも同じだしねcoldsweats01


それより前々回、精神科で処方してもらった薬をこれまで持っていた「薬の本」で見たが、載っていない。
『医者からもらった薬がわかる本2011』なんだが、この本は1995年から毎年買っていたが、今年度版は買いそびれていた。
『医者からもらった薬がわかる本2012-2013』版を買って見た。

新しい処方薬はサインバルタ。
これまでのパキシル30mgであまり効果がないので、パキシルCR25mgを夕食後に。
サインバルタ2カプセルを朝食後に服用するように変更した。
■サインバルタは、2010年4月に保険適用になった新しい抗うつ薬だった。
先生の話では効いて来るまで2週間かかる、との事だったが、本当にその通り、ちょうど2週間目ぐらいで朝の虚脱感や抑鬱感が薄くなっていった。

基本的に抗精神薬はこの2種類で、他に抗不安薬を昼1錠、眠剤を2種類2錠。
眠剤に関しては、アモバンとプロチゾラム(Je:レンドルミン)で、飲むとものの数分で爆睡sleepy

薬局からも薬の説明書をもらうが、国際的有効度は分からないので、やっぱりこの本が頼り。

それ以前の抗うつ薬も確かに効き目はあったが、効果が極端で、テンションが高くなりいろんな物を買いたくなった。急に買い物依存になってしまうので、これは困りもので・・・。
サインバルタはこれまでの所、極端に変貌させるほどではなく、気分が沈んだ状態から解放される程度なので、やはり新薬は進んでいるだなぁと感じるばかり。






« 地吹雪の日の診察日 | トップページ | 選挙 »

闘病」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350546/48105500

この記事へのトラックバック一覧です: またまたどっきり:

« 地吹雪の日の診察日 | トップページ | 選挙 »

最近のトラックバック