Tahooブログパーツ

  • ✱神社★参詣なブログパーツ
  • 東京美女Linuxコマンド版ブログパーツ
  • お天気娘の天気予報
  • 年号変換カレンダー
  • J-CASTニュース
  • 読売・産経ニュース
  • VOCE
  • 岩手のランキング
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 残念ながら修理へ | トップページ | クランクプーリー交換 »

2013年6月20日 (木)

バテております

あれこれ思慮したものの、結局、父の軽自動車で難をしのぐ事ができた。
父は妹が帰ってから、沈み込んでしまい、話かけづらかったが、病院へ行く方法を聞かれ、「どうやら、近くをコミュニティバスが通っているらしいので、それで営業所まで・・・」と言うと、軽で行けばと言われ、おおそうだな・・・と、拝借する事に。
ただし、おんぼろ軽なので、エアコンは冷えないと・・・。
それにドアの取っ手も壊れていると・・・。

しかし運良く、昨日は今年初めての本格的な雨で、ちょい涼しく、なんとかなった。
天が味方した、と言う事か。


精神科の診察で、車の故障の事をグダグダと話すと、新先生曰く、
「もう少し新しい車に変えたら・・・」と、ギョッとする一言。

そういう話かよsign02
先生、それは冗談でしょ。今は中古車だって5年落ちでも数十万が当たり前、
年金暮らしでそんなローンを払える余裕はないですよsign01
新しくたって、故障する時は故障するでしょ・・・と言うと、
「近所付き合いを親密にしたら」と、ギョギョッと二言目。

それにはただ呆然でした・・・


心では、「ご近所付き合いしていれば、車で送ってくれる訳ないでしょ。それならタクシー呼んだ方が正解です」と呟いておりました。


そんな都合良く人間付き合いが出来るなら、先生には相談しませんsign01
相手から話掛けられるのは抵抗ないのだが、自分からは話掛ける事はない・・・それは余りにも恥ずかしい。
当たり前の事を言われても、なんかムカつくだけで、内心は「なんだこの先生。感情、入ってない」

まるで精神科の守備範囲ではないと言いだけに、処方箋を印刷し、さっさと立ち上がり、
「じゃぁ今日はこのへんで、また2週間後に来て下さい」
と、強引に打ち切り。

確かに、病院への通院方法を先生に聞いても、何と答えたら良いか困るだろう。
とりあえず型どおりの返答、と言う事なのだろう。

しかし一般的に、診察とはこんなものかもしれない。
親身に話を聴いていると、時に人生相談になったりするし、愚痴ばかり聴く羽目にもなる。


まぁ、診察が早く終わるというのは、何より良い事で、
もはやどこにも寄らず、途中、調剤薬局で薬を受け取り、まっすぐ帰宅したのでありました。

そして案の定、ダウンdownsign01

むしむしする暑さで、軽い脱水状態になってしまった・・・。
降圧剤を飲んでいるのに、尿量が減少している。
尿で出るより先に、汗で水分が失われてしまっているから。
と言う事で、OS-1で経口点滴して、頭を冷やして、早々に寝てしまいました。


今日も朝から必死に水分を補給しながら、頭を冷やす。
あれやこれやと思考の数を巡らせると、だいたい2時間で眠くなる。
どうやらこれが集中できるタイムリミットのようで、それ以後は記憶に残っていないのだ。


ところでこの付近で、コミュニティバスが走っているというのを、何年か前の広報で見た気がしたので、役場で聞いて見た訳で、
それが今も走っているというのは、驚き。

先々々週、たまたま地元局で「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」というのを放送していて、その中で、盛んにコミュニティバスが登場したのを、何となく覚えていた。
その語呂と、以前の広報の記憶がドンピシャflairsign01
瀬戸際になって、まさしく路線バス乗り継ぎで往復できそうだと知った事は、今度の大きな収穫だった。



« 残念ながら修理へ | トップページ | クランクプーリー交換 »

闘病」カテゴリの記事

最近のトラックバック