Tahooブログパーツ

  • ✱神社★参詣なブログパーツ
  • 東京美女Linuxコマンド版ブログパーツ
  • お天気娘の天気予報
  • 年号変換カレンダー
  • J-CASTニュース
  • 読売・産経ニュース
  • VOCE
  • 岩手のランキング
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 締めくくりの診察 | トップページ | 新年最初です »

2013年12月27日 (金)

神経痛

背筋痛は何とか少し軽くなったものの、それと交替するように神経痛に悩まされているwobbly

筋肉痛は、湿布だけでは我慢できず、筋弛緩剤を昨日から飲み始め、プラスして血行促進にオキソアミジンを今朝から飲み出した。
しかし両脇腹と両肩から首筋、二の腕にかけての神経痛がひどくなったweep
肋間神経痛と三叉神経痛の合わせ痛みcrying

三叉神経痛は首筋から、頬やこめ髪を通って眉毛まで痛いsign01


肋間神経痛も三叉神経痛も、帯状疱疹後遺症として過去に1年6ヶ月入院していた事があるので、久しぶりにその時の痛みを思い出してしまった・・・。
首筋とこめ髪を、指の拳でグリグリ押されているような痛み・・・。

ここで新薬の「リリカ」を飲むべきか、それとも指圧と湿布で様子を見るか?
リリカは、2010年4月16日に「帯状疱疹後神経痛」の唯一の薬として販売を開始した薬だが、比較的強い薬なので、ちょっと躊躇してしまう。
今では、末梢性神経障害性疼痛・線維筋痛症の疼痛治療剤の効能も追加されたが、効き目は思ったより少ないという話。

今回は我慢出来ない痛みではないが、今夜もとりあえずオキソアミジンを飲んで、湿布をして・・・。
明日も我慢出来ないようなら、1錠飲むしかない・・・。


今回、帯状疱疹では無いが、それにしても発症当時、「リリカ」のような薬があったら、今ほど体力を失わずに済んだと思うと、皮肉な巡り合わせだ。

そしてペースメーカーを使っているので、低周波治療器が全く使えないというのは、やっぱり大きなハンデである。






« 締めくくりの診察 | トップページ | 新年最初です »

闘病」カテゴリの記事

最近のトラックバック