Tahooブログパーツ

  • ✱神社★参詣なブログパーツ
  • 東京美女Linuxコマンド版ブログパーツ
  • お天気娘の天気予報
  • 年号変換カレンダー
  • J-CASTニュース
  • 読売・産経ニュース
  • VOCE
  • 岩手のランキング
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月の記事

2016年4月23日 (土)

乃木坂6000

木曜日、なんと、乃木坂46 アンダーライブ全国ツアー東北シリーズ盛岡公演に、
行って来てしまいましたぁ~F_balloon3 ・・・ しかも数年ぶりに、電車で・・・train

 って、何故、乃木坂46のライブに行く事になったと言うと、
そもそも、このライブが盛岡である事すら知らなかったし、まして、実の所、乃木坂46の曲も殆ど知らず、
更にメンバーの顔も、秋田出身の生駒里奈ちゃんは顔と名前が一致していましたが、
他のメンバーは、残念ながら、顔は何んとなく見た事があるものの、名前を覚えられず、
従って、顔と名前を全く知らないという、アイドル流行からは遥かに取り残された異境のような状態。



それでも行く気になったのは、

_12015712

Eテレ『将棋フォーカス』 2015年7月12日放送分。

遥か以前から、毎週欠かさず見ていた・・・EテレのShogi『将棋フォーカス』 に去年から出ている
“伊藤かりん”を知っていたから──happy01

_22015712

Eテレ『将棋フォーカス』 2015年7月12日放送分。

伊藤かりんのブログは時々チェックしていて、そこで今回のライブを知った訳だが、
更に参戦を決定づけたのが、チケットの価格sign03

実は今月29日には、モーニング娘。'16が、やはり同じ場所でライブを予定している・・・

しかし問題はチケットの価格yen


モーニング娘。'16の価格は¥7,500と、貧乏人の年金暮らしには、超割高sign01
しかもモーニング娘。'16の曲は知っているものの、新メンバーが加わり、これが顔と名前が全く覚えられない。
年齢が幼すぎて、どうにも、同じ顔に見えてしまう・・・bearing




まぁ、結局、このご時世、東京や大阪と同じ料金では、やはり行くのは困難であり、

最近のチケット料金値上がりは尋常でない程、急激で、
karaokeコンサート観賞は高根の花となりつつある。
2013年の ℃-uteの仙台公演karaokeは、5850円だった事を鑑みると、モーニング娘。'16の7500円は現在の相場かもしれないが、驚異の高騰に、茫然とするばかりweep




しかし、「乃木坂46 アンダーライブ」と言う意味を知らずに、会場へ行って、ビックリsign02
“アンダーライブ”と言う名称は・・・


MVで前の方でメインで歌っているメンバーではなく、所謂、2期が中心となったメンバーで、
入口のポスターを見て、初めて知った訳だ・・・sign01

_32015111

Eテレ『将棋フォーカス』 2015年11月1日放送分。

_42015111

Eテレ『将棋フォーカス』 2015年11月1日放送分。





つまり、もはや顔と名前を知っているのは、唯一、“伊藤かりん”だけと言う事になった・・・。


しかし仮に主要メンバーが居ても、名前と顔が一致しないメンバーばかりなので、
もはや私にとっては、“伊藤かりん”ソロコンサートと化してしまった訳だ・・・Japan_aJapan_haJapan_ha_2Japan_ha_3Japan_ha_3




抽選で当選した座席は、前の方だったので、立って観るのは困難であり、
スタッフに2階席をお願いしたのだが・・・

どうやら1階席が満席にならなかった為、2階席、3階席は開放していないとの事で、1階席の当日券と交換。
後ろの方のSEの隣の席で、ゆっくり座って見る事が出来た。



46



勿論、伊藤かりんが目当てなので、双眼鏡も持参し、じっくりライブを観賞する事が出来た。

それでもやはり人数が多いので、踊っていると見失ってしまうのだが、
微妙に、伊藤かりんは、他のメンバーより身長が低く、公称154cmは見た感じでは一番背が低く、
ヘアスタイルも特徴的だったので、遠目でも直ぐ判別が付くという、
何んとも、逆に目立つ存在となっていた。

_52016110

Eテレ『将棋フォーカス』 2016年1月10日放送分。

_62016221
Eテレ『将棋フォーカス』 2016年2月21日放送分。





斯くして、もはや私には『伊藤かりん』の独壇場となったライブを、堪能する事が出来た訳だlovely

但し、電車の時間が迫って来て、最後まで観る事が出来なかった。
歌って踊って喋って、2時間半。
これまで経験したライブで、最長の長さのライブはアッと言う間に過ぎていった───Girl7


_72016417

Eテレ『将棋フォーカス』 2016年4月17日放送分。







一本桜

隣の梅の花が、7分咲きになった昨今。

私は、多少、筋肉痛である。

2016梅の花

2016_2梅の花

この梅の花は白なのだが、
観賞用ではなく、
梅の実を収穫するための梅の樹らしい。

当初、梅の実は付けなく、従って、誰が植えたのか判らなかったが、
おととしぐらいから、夏の終わりになると、ぶるぶると樹を揺らし
数人の農家の人が来て、実を落として収穫してゆく。

その間、放ったらかしなので、不揃いで、黒く変色したものもあるが、
その辺は構わず、シートを敷いて収穫してゆく。
どうやら自分家で漬けるらしい。




さてさて、桜開花は弘前まで進んだらしいが、小岩井の一本桜はどうかな?
と、昨日行って見た。
毎年、ゴールデンウイークに咲くので、今年はどうかと・・・


20160422

20160422_2

20160422_3


うぅ~~~む。
奥羽山脈から吹き付ける風がまだ冷たい。

桜は全く咲く気配もなく、まだ蕾も固く閉じている。

もう既に遠くから、観光客が来ていたり、観光バスも停まっていたが、
やっぱり例年通り、一本桜は、ゴールデンウイークの5月初め頃が見ごろかな。

国道から小岩井農場へ行く道路沿いには、長い桜並木があるが、こちらも全く咲いていなかった。



2016年4月10日 (日)

千里の道も500グラムから

Photo

日本には、時間の流れに大きなズレがある──。時にそれは、半年や1年、5年と言うスパンにまで広がる。
東京や大阪など、大都市圏で「バブル崩壊」が声高な悲鳴を上げていた頃、ここいら辺では、バブルになった事すらも、何年も遅れてやって来た。


そして、毎年の事ながら、メディアの中心地・東京で、そろそろ桜が散り始め、南国からは、早くも海開きの知らせが届いても、
この辺は、まだまだ桜の開花は先のまた先・・・。

この時間と季節のズレが逆転するのは、いきなり北海道・大雪山で紅葉が始まり、初雪が見られる時季、
途端に、タイムスパンは逆転する──。




肝臓内科の受診から、一カ月が過ぎた──。

BMIを計るために必要な体脂肪計は、体内に通電するので、ペースメーカーを使用していると使えない。
体脂肪率が幾つかは、判らないので、体重で推計するしかないが・・・。


最初は、間食を無くし、肉を食べる事で本当に体重が減るのか?
と思っていたが、取り敢えず、空腹になるまで食事を摂らないように、ただひたすら我慢の日々・・・。 で、その結果、この1カ月で体重は・・・、減った!


確かに、最悪だった1カ月前から、ググッと減った!
しかし一進一退である事に、変わりは無いが、それでも、今まで穿いていたズボンが、確かに緩くなっている!


先生曰く、「少し減ったら、その少しを維持するようにしてみましょう。焦って急に減らす事はありません」と言う、救いの様な言葉通り、とにかく、確かに減ったのだから、これを維持する事に集中せねば・・・。




所で、勧められた肉だが──。
基本的に、これまで肉に執着が無かったので、『焼き肉』屋に行った事がない!
そればかりか、焼き肉とはどうすればいいのかも分からない。

スーパーの売り場に大量に並べられている肉の数々も、どうやって食べるものなのか、全く知らない。
しかも母も父も、ことごとく肉料理に縁がなく、味付けや調理法も知らないらしい。

そうなると、やはり出来合いの肉料理に頼るしかないので、ハンバーガーやら、焼き鳥、かつ丼、玉子丼、コンビニのチキンなどを試してみたが、気嫌いしていた物が、そうそう食べられる物でない。
これは地道に、食べられるものを続けるしかなかろう・・・。




Photo_2
ここは盛岡市内なんだが、
林の手前のゴルフ場、野球場、畑は全て河川敷内。
川幅の4倍以上もある河川敷は、広すぎるぜ~~





そして・・・ちょっと、凄い事があった・・・。

大学病院の精神科の主治医が、開業すると言うので、今週、初めてクリニックに行って来た──。
この1カ月余りの体調を話し、少し、雑談にもなった。

と、その前に・・・・・初めて病院の玄関を入って見ると──、そこには、とってもとっても嬉しい事が待ち受けていた。


これはちょっとでは無い驚き!


でも、コメンなさい。これは私だけの秘密にしておきます──。臆病な私の、とっても凄い嬉しい事なので・・・3heart

Bouquet




« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

最近のトラックバック