Tahooブログパーツ

  • ✱神社★参詣なブログパーツ
  • 東京美女Linuxコマンド版ブログパーツ
  • お天気娘の天気予報
  • 年号変換カレンダー
  • J-CASTニュース
  • 読売・産経ニュース
  • VOCE
  • 岩手のランキング
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 一本桜 | トップページ | 冬から春モードへ »

2016年4月23日 (土)

乃木坂6000

木曜日、なんと、乃木坂46 アンダーライブ全国ツアー東北シリーズ盛岡公演に、
行って来てしまいましたぁ~F_balloon3 ・・・ しかも数年ぶりに、電車で・・・train

 って、何故、乃木坂46のライブに行く事になったと言うと、
そもそも、このライブが盛岡である事すら知らなかったし、まして、実の所、乃木坂46の曲も殆ど知らず、
更にメンバーの顔も、秋田出身の生駒里奈ちゃんは顔と名前が一致していましたが、
他のメンバーは、残念ながら、顔は何んとなく見た事があるものの、名前を覚えられず、
従って、顔と名前を全く知らないという、アイドル流行からは遥かに取り残された異境のような状態。



それでも行く気になったのは、

_12015712

Eテレ『将棋フォーカス』 2015年7月12日放送分。

遥か以前から、毎週欠かさず見ていた・・・EテレのShogi『将棋フォーカス』 に去年から出ている
“伊藤かりん”を知っていたから──happy01

_22015712

Eテレ『将棋フォーカス』 2015年7月12日放送分。

伊藤かりんのブログは時々チェックしていて、そこで今回のライブを知った訳だが、
更に参戦を決定づけたのが、チケットの価格sign03

実は今月29日には、モーニング娘。'16が、やはり同じ場所でライブを予定している・・・

しかし問題はチケットの価格yen


モーニング娘。'16の価格は¥7,500と、貧乏人の年金暮らしには、超割高sign01
しかもモーニング娘。'16の曲は知っているものの、新メンバーが加わり、これが顔と名前が全く覚えられない。
年齢が幼すぎて、どうにも、同じ顔に見えてしまう・・・bearing




まぁ、結局、このご時世、東京や大阪と同じ料金では、やはり行くのは困難であり、

最近のチケット料金値上がりは尋常でない程、急激で、
karaokeコンサート観賞は高根の花となりつつある。
2013年の ℃-uteの仙台公演karaokeは、5850円だった事を鑑みると、モーニング娘。'16の7500円は現在の相場かもしれないが、驚異の高騰に、茫然とするばかりweep




しかし、「乃木坂46 アンダーライブ」と言う意味を知らずに、会場へ行って、ビックリsign02
“アンダーライブ”と言う名称は・・・


MVで前の方でメインで歌っているメンバーではなく、所謂、2期が中心となったメンバーで、
入口のポスターを見て、初めて知った訳だ・・・sign01

_32015111

Eテレ『将棋フォーカス』 2015年11月1日放送分。

_42015111

Eテレ『将棋フォーカス』 2015年11月1日放送分。





つまり、もはや顔と名前を知っているのは、唯一、“伊藤かりん”だけと言う事になった・・・。


しかし仮に主要メンバーが居ても、名前と顔が一致しないメンバーばかりなので、
もはや私にとっては、“伊藤かりん”ソロコンサートと化してしまった訳だ・・・Japan_aJapan_haJapan_ha_2Japan_ha_3Japan_ha_3




抽選で当選した座席は、前の方だったので、立って観るのは困難であり、
スタッフに2階席をお願いしたのだが・・・

どうやら1階席が満席にならなかった為、2階席、3階席は開放していないとの事で、1階席の当日券と交換。
後ろの方のSEの隣の席で、ゆっくり座って見る事が出来た。



46



勿論、伊藤かりんが目当てなので、双眼鏡も持参し、じっくりライブを観賞する事が出来た。

それでもやはり人数が多いので、踊っていると見失ってしまうのだが、
微妙に、伊藤かりんは、他のメンバーより身長が低く、公称154cmは見た感じでは一番背が低く、
ヘアスタイルも特徴的だったので、遠目でも直ぐ判別が付くという、
何んとも、逆に目立つ存在となっていた。

_52016110

Eテレ『将棋フォーカス』 2016年1月10日放送分。

_62016221
Eテレ『将棋フォーカス』 2016年2月21日放送分。





斯くして、もはや私には『伊藤かりん』の独壇場となったライブを、堪能する事が出来た訳だlovely

但し、電車の時間が迫って来て、最後まで観る事が出来なかった。
歌って踊って喋って、2時間半。
これまで経験したライブで、最長の長さのライブはアッと言う間に過ぎていった───Girl7


_72016417

Eテレ『将棋フォーカス』 2016年4月17日放送分。







« 一本桜 | トップページ | 冬から春モードへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック