Tahooブログパーツ

  • ✱神社★参詣なブログパーツ
  • 東京美女Linuxコマンド版ブログパーツ
  • お天気娘の天気予報
  • 年号変換カレンダー
  • J-CASTニュース
  • 読売・産経ニュース
  • VOCE
  • 岩手のランキング
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 蠢く痛み | トップページ | 汗っかきの梅雨 »

2016年6月14日 (火)

懦弱な宿因


6月3日、疲れ切った身体を起こせない──。




足の不自由な母にとって、利用できるのはタクシーのみ。要介護認定を受けているが、デイケアを受けていないので、急に病院までの足の確保は無理‥‥。


残る方法は、往復1万円程度のタクシーか‥‥。








その時‥‥、午前6時、玄関のチャイムが鳴った──。
母が出ると、妹がいた。




父が、手術日の決まった日、妹に電話して、「休み取れるなら来てけろな」と、連絡していたのだった。


結局、ヘバッていた私は麻酔開始までに起きられないので、着いたばかりの妹が、母を連れて赤十字病院へ向かう事になった。
本当は、一緒に暮らしている私も手術直前に立ち合いたかったのだが、医師の腕を信じて、私は午後になってようやく起きて、朝食も食べずに病院へ向かった──。






着いたのは午後1時過ぎ。
家族待合室には、母と妹がいて、私が着いた時には手術は終わり、麻酔が覚めるのを待って、病室に戻って来るとの事で、それまで長椅子に横になり、売店で買ったパンを食べ、瞬く間にウトウトしてしまった。




手術の最中の写真を見せられ、「非常に上手くいきましたよ」と。

病室に戻った父はまだボーっとしていたが、二、三言葉を交わし、病院をあとにした。




そして帰宅した途端、左脚の痛みに苦悶する事なる‥‥

右太腿全体の痛みbearing 何故こんなにも痛いのか、理由が分からないbearingsign01
とにかく足を曲げれないので、側面の筋に沿って湿布をベタベタ貼る。

買い置きのポカリスエットを、ガブガブ飲んで‥‥

湿布は、もしもしの時の為に買い置きしてあるので、その日はそのまま痛みと疲れで、グッタリしたまま就寝。


翌日から蠢く痛みとの、追いかけっこが始まったsign01


一夜明け、太腿の痛みは正面に移動。病院に行く事も考えたが、肉離れや疲労骨折でもなければ、結局、湿布を貼る事しか出来ない。
低周波治療が出来ればいいのだが、出来ない物を欲しても無駄。




6月5日の退院には、もはや車の運転が出来ない程痛いので、またまた妹と母が、病院まで迎えに行った‥‥。

だらしないsweat02 不甲斐ないsweat02 全くの役立たずsweat02
イザと言う時、一つも足しにならない──cryingcrying






足は痛いし、心は更に痛い──





足の痛みは、お尻から太腿の裏へ移り、次の日は膝の周囲に移り、更にフクラハギに移り、それからまた太腿の横に移り‥‥それと同時に、痛みの度合いも少しずつ小さくなり、歩けるように‥‥




やがて痛みの大本営が現れた。
最も痛めた所は、膝の裏の2本の太い筋の外側の筋。

太もも裏側の「ハムストリングス」と言う部位の、大腿屈筋群の中の「半腱様筋」と言う太い筋肉。

ここから派生した痛みが左脚全体に響き、約10日間、蠢く痛みとなって襲って来たのだった。


ハムストリングス半腱様筋






家に戻った父は、至って元気。
1週間は無理しないように、と言われたらしく、それでも以前と変わらない日常を送っている。
まだ自分で車は運転できないが、食事も散歩も、普通に戻った。


妹は、昨日、「そんなに有給取れないから、帰るわ」と、颯爽と帰って行った。




考えれば──、足の痛みは置いといて、何故こんなにもスケジュールを詰め込んでしまったのか──と言う反省点。
日程を更にズラす事も出来た、と今になって思った。


そもそも私のこれまでの習慣と、体力からすれば、週に2回までが、行動の限界と分かっていたはずなのに、予定をギューっと詰め込み過ぎた。

見た目、外観はデカいし、体格もいいので、丈夫そうに見えるが、残念ながら、カラータイマーが切れる時間は相当早いのだwobbly




そして、復活するにも時間が掛かる、実に厄介な体質である‥‥‥‥













« 蠢く痛み | トップページ | 汗っかきの梅雨 »

闘病」カテゴリの記事

最近のトラックバック