2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2018年3月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月の記事

2019年5月28日 (火)

輸血

Resize

入院6日目。

 

混合部屋から整形外科の病室に移った。

 

これまではナースステーションから遠い部屋だったが、今回は歩行困難と言う事で近くになった。

 

 

先週金曜日に続き、今日、2回目の輸血。
赤血球成分輸血だと言う。

 

 

血液検査でも貧血の原因はまだハッキリ分からない。
しかし多発性骨髄腫疑いあり、と。

 

 

前回は、骨髄機能の低下が疑われるとして、白血病かもしれないと言われたが、血液でも尿でもそれらしい兆候がなく、結果、確定診断には骨髄液の採取となりそう。

 

 

 

骨盤の恥骨骨折は確定で、これは入院のおかげで起きたり歩いたりが無くなり、痛み止め薬も効いて、尻から足に掛けての痛みは無いと言う。

 

 

それだけでも、今は入院した価値はあったと思う。

 

 

それにしても確定診断までに時間が掛かるのが不安。
今の病院には血液内科が無いので、ただ骨折を見抜いた医者の技量と判断を待ちたいと思う。
.
.
.

2019年5月23日 (木)

人にも換毛期はあるのか?

犬や猫には換毛期という体毛の生え変わる時期があって、春先に脱毛し夏用の毛に生え変わり、秋の終わりには再び換毛期が来て、冬毛に生え変わる。

 

 

人間でいう五月病は春から猛暑の夏に身体が切り替わるまでの不調かと思いきや、なんでも憂鬱な精神病らしい。

 

 

しかし、急に気温が高くなったり、夜中も暑いと気温の変化になかなか付いて行けない。

 

 

しかも朝はまだひんやりすると、身体がジタバタしてしまい、昼間は暑くと身体がダルく眠い?

 

そして夕方になると元気になる……という昼夜逆が起こるのが『わたし 』。

 

実に厄介だ。

 

 

 

最近はその昼夜逆が激しいので、直近5月の気温を調べると、15日を境に最低気温が10度を越えている。

 

 

それ以前はずぅーっと5度以下だったのが、急に高くなり……
つまり16日以降、夏バテ☀️??になっていた。

 

気だるく、ずっと眠いのは家中脱水の熱中症!

 

早っ!

 

 

それはさて置き、今日、母が入院した。
以前、膝関節の人工関節置換術をしてもらった所。

 

 

どういう診断になるか分からないが、色々な精密検査をすると言う。

 

 

 

しかし個人の整形外科でも、今度の外科でも気付かなかった臀部の尻もちを、まさか内科の先生が、
『臀部、骨折してますね』と見つけてくれた。

 

見たのは単純なレントゲン写真なのに、まさか内科医が発見するとは……何んてこった❗

 

 

そのせいで、あんなに痛がった訳だ。
ようやく納得が出来た。
しかも、既に少し石灰化しつつあり治り始めていると。

 

 

あとはただひたすら大事にならない事を願うばかり。
.
.
.

2019年5月22日 (水)

母、入院す

またしても戻って来ました。
意外にソーシャルメディアは沢山あるのに自由に呟き、書ける場所がなく、結果ここに戻る事になりました……かな。

 

 

母が今月、家の中で転び臀部を打ってから歩けなくなった。

 

暫く湿布や痛み止めを飲んだり介護保険でマッサージを受けていたが、
痛みが引かない為、脳神経外科で診察を受けた。

 

この病院は過去に、脊柱管狭窄症の手術を受けた所。
直ぐにCTとMRIを撮り、結果、側湾症と診断され5月13日に入院したものの、その後、血液検査で重度の貧血と判明。

 

転院する事になり、15日に退院。

 

 

斯くして総合病院への紹介状を書いてもらい、慌ただしく本日入院する事に…。
事前のX線で、強打した尻にぶつけた跡がクッキリ写っていた。

 

あらら、脳神経外科のレントゲンには何も映らなかったのに、どうした事か?

 

 

臀部の傷にヒビはなく治り掛けているとの事。
では足腰が痛くて歩く事さえ出来なくなったのは貧血のせいなのか?

 

 

母、本人に眩暈やクラクラの症状はなく、不自然な皮下出血もない。

 

何がどう悪くて自力で歩けなくなったのか、調べてもらうしかない。
謂わば検査入院の様な感じだが、期間がどれくらいになるかすら未だに分からない。

 

 

 

 

 

« 2018年3月 | トップページ | 2019年6月 »