Tahooブログパーツ

  • ✱神社★参詣なブログパーツ
  • 東京美女Linuxコマンド版ブログパーツ
  • お天気娘の天気予報
  • 年号変換カレンダー
  • J-CASTニュース
  • 読売・産経ニュース
  • VOCE
  • 岩手のランキング
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 輸血 | トップページ | 四回目の輸血 »

2019年6月 5日 (水)

確定診断持ち越し


暑さも一段落した四日、母が
総合病院を退院。
血液を専門とする別の病院で診てもらう為、紹介状を書いてもらった。

岩手県内で血液腫瘍を診る事が出来て、抗がん剤治療が可能で、無菌室のある病院は3つ。


最も強く薦められたのは、赤十字病院だった。
総合病院から比較的近いと言う事と、
岩手医大が9月に場所を市内から大きく大移動すると、
通院がやたら遠くなるからだ。

しかし、どんな診断で、どんな治療になるかは分からないが、
造血幹細胞移植が出来るのは、東北では、岩手医大と宮城の東北大学しかなく、あとは東京になるらしい。

母は高齢なので、移植の前治療そのものが難しい。

しかも再発のリスクはさほど変わらないと言う。


それならば、医大か、中央になる。赤十字はやはり遠いのだ。

多発性骨髄腫は未だに完治が望めないという難治腫瘍で、しかも寛解しても多くが再発する。

治療薬の進歩は、この3年余りで劇的変化を遂げたが、高齢者に多い事もあり、強い薬は使いにくい。

年齢を考慮すると、経験豊富な専門医の判断にゆだねるしかないのかも……。
.
.
.
.

« 輸血 | トップページ | 四回目の輸血 »

最近のトラックバック