Tahooブログパーツ

  • ✱神社★参詣なブログパーツ
  • 東京美女Linuxコマンド版ブログパーツ
  • お天気娘の天気予報
  • 年号変換カレンダー
  • J-CASTニュース
  • 読売・産経ニュース
  • VOCE
  • 岩手のランキング
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 確定診断持ち越し | トップページ | 愚痴溜まり »

2019年7月12日 (金)

四回目の輸血


梅雨は苦手だ。


汗が蒸発しないまま皮膚にへばりついて、尚一層身体が蒸し暑くなる。


母の診断確定から1ヶ月が経った。
貧血予防の輸血を続けているが、これまでと何ら変わっていない。



私は今も、今でも、この決断で良かったのか迷っている。



多発性骨髄腫には幾つかタイプがあるようだが、どんなタイプであろうと治療方法は同じ。

使用する薬剤も同じだし、その後の移植も同じ。
更に言えば、治癒する事はなく再発しては抗がん剤治療の繰り返し……

結局、骨破壊が進行し死に至る。
ハー・・・(;´Д`)



骨破壊の無い白血病と異なり、多発性骨髄腫には『年齢制限』がある。

治療推奨は65歳までで、それより高齢の場合、治療対象から外れている。
無論、本人や家族が承知で治療を望むなら別だが、高齢の場合、逆に抗がん剤の副作用で悪化したり、認容性で苦しむ事になると……


つまり、抗がん剤治療は若い人が対象となる。

最初に異常を発見した病院も、母が膝の人工関節の手術をした病院も、そして医大の医師も同じ意見だった。


治療の苦しみは耐え難く、むしろ自然な成り行きにまかせた方が良いと……。

元々骨は弱く、脊柱管狭窄症の手術もしているので、病院通いが絶えなかったが、若い人でも、男女とも発症する病気である事から、必ずしも骨が弱いから発病する訳でもなさそうだし……。



役場から介護認定で、家の中で使う車椅子とおまるがレンタル出来た。
買おうと思っていたので、これは助かった。


それから日中、居間で過ごせるように、リクライニングのソファーベッドを購入。
テレビを見ながら家族と相撲を観たり、食事をしたり。



いつ自力で食べられなくなるか分からないが、その日まで、母と一緒に過ごす。

それが、私の生きている意味なのだから……。




« 確定診断持ち越し | トップページ | 愚痴溜まり »

最近のトラックバック